地球に落ちて来た男 screen ジャック

公式サイト: http://bowiechikyu.jp/

デヴィッド・ボウイ追悼上映。30代を目前に俳優として新たなキャリアを切り開いた記念碑的作品!
【終了日:9/23(金)※1週限定上映】

【原題】The Man Who Fell to Earth
【監督】ニコラス・ローグ
【キャスト】デビッド・ボウイ,リップ・トーン,キャンディ・クラーク,バック・ヘンリー,バーニー・ケイシー
1976年/イギリス/139分/boid/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
9月17日(土)〜9月23日(金)
19:00〜21:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

今はもうないあの場所へ
いつの日かわたしはきっと帰るだろう

【「デヴィッド・ボウイ」の誕生】

2016年1月10日、この世を去ったデヴィッド・ボウイ。その2日前に69歳の誕生日を迎え、2年ぶりのアルバム『★(ブラック・スター)』を発表したばかりだった。架空のロック・スター「ジギー・スターダスト」を演じることで世界的な大スターとなった彼は、それだけではなく、それぞれのアルバムでは常に自分ではない誰かを演じることで、「デヴィッド・ボウイ」となってきた。そんな彼でしかできない、「演出された死」と言いたくなるような、見事すぎる最期でもあった。

【アメリカでの2枚のアルバム】

そんなデヴィッド・ボウイが「ジギー・スターダスト」を葬り、アメリカに渡ったのが74年。アメリカでは『ダイアモンドの犬』『ヤング・アメリカンズ』の2作を立て続けに発表し、そしてすぐに撮影に入ったのが『地球に落ちて来た男』。当初、この映画のための曲も用意していたが、あくまでも俳優として、被写体としてのデヴィッド・ボウイを必要としていた監督のニコラス・ローグからの要請もあって、演技に全力を注ぐことになった。しかしそのためボウイは精神的なバランスを崩す。撮影後すぐに製作を開始した『ステイション・トゥ・ステイション』は、そのバランスの回復のため、『ヤング・アメリカンズ』と別方向から対をなすアルバムとなったと言われている。

【宇宙人化する身体】

映画の撮影は1975年7月から始まった。主な撮影場所はアルバカーキ、ホワイト・サンズ、フェントン・レイクなどニューメキシコ州の各地。11週にわたる撮影期間中、ボウイは薬物に依存しながら過ごしていたことを、後のインタビューで語っている。当時は自分が何をやっているか、わかっていなかったとも。だがもちろん、そんな不安定で、どこか覚醒した状態こそ、この映画の宇宙人の役柄に求められていたことだった。そしてその身体を見事にとらえたのは、『赤い影』(1973年)や『ジェラシー』(1980年)など、ニコラス・ローグ作品に欠かせないカメラマン、アンソニー・B・リッチモンド。まさに地球外から来た男の、悲しさを帯びたきらめく身体が、そこに映しとられている。

【音楽】

俳優に専念することになったデヴィッド・ボウイの代わりに音楽を担当したのは、ジョン・フィリップス。「夢のカリフォルニア」のヒットで知られるママス&パパスのリーダー的存在で、当時はすでにバンドは解散、ソロ活動を行っていた。同時期にローリング・ストーンズのミック・ジャガー、キース・リチャーズとのレコーディング作業も行っており、その縁があってか、本作のサウンドトラックにも、当時のストーンズのギタリスト、ミック・テイラーも参加している。また、日本人のパーカショニスト、ツトム・ヤマシタの音楽も使用。その他、劇中の挿入曲としてルイ・アームストロング「ブルーベリー・ヒル」、キングストン・トリオ「トライ・トゥ・リメンバー」、ロイ・オービソン「ブルー・バイユー」、ビング・クロスビー「トゥルー・ラブ」、そしてアーティ・ショウ「スターダスト」など、懐かしの名曲が印象的に使われている。

【ニコラス・ローグ】

監督のニコラス・ローグはロジャー・コーマンの『赤死病の仮面』(1964年)やフランソワ・トリュフォーの『華氏451』(1966年)の撮影監督としても知られる。初監督作品『パフォーマンス』(1970年)ではミック・ジャガー、『地球に落ちて来た男』の次作『ジェラシー』(1980年)ではアート・ガーファンクルを主演に迎えるなど、ミュージシャンの身体を映画の中心に置くことで、「映画」を作り変えてきた。俳優ではない「異物」としてミュージシャンたちの身体があることで、映画は不安定になり、そこに運動が生まれた。まさにこの『地球に落ちて来た男』の物語こそ、ニコラス・ローグの映画づくりそのものだったのだ。

【2枚のアルバム・ジャケット】

映画の完成後、デヴィッド・ボウイは「アラジン・セイン」「ジギー・スターダスト」に続く新たな人格を求め、「シン・ホワイト・デューク」を名乗り始める。それは『地球に落ちて来た男』の宇宙人ニュートンのイメージと重なり合うが、ボウイは、『ステイション・トゥ・ステイション』の後にアメリカを離れ、ベルリンへと拠点を移すことになる。そしてベルリンで製作されたのが『ロウ』。『地球に落ちて来た男』の後に製作された2枚のアルバムのジャケットは、ともに『地球に落ちて来た男』でのボウイ=ニュートンの姿が写されている。そのことはいかにボウイにとって『地球に落ちて来た男』の影響が大きかったかを物語るだろう。

【Story】

ある日宇宙船が地球に落下する。砂漠に降り立った宇宙人は、あまりに美しい容姿を持っていた。その後弁護士のもとを訪れた彼は、人知を超えた9つの特許を元に、弁護士とともに巨大企業を作り上げていく。アメリカのかつての大富豪、ハワード・ヒューズなどを思わせる、彼の奇妙な暮らしが始まり、彼は全米の注目の的となる。一体彼は何をしようとしているのか?彼は何者なのか? もちろんそんな彼の勢威を恐れる者たちもいた。彼の秘密の計画は思わぬ妨害を受け、彼の暮らしは一気に変わる。果たして彼は、故郷の星に戻ることができるのか…

関連映画
「地球に落ちて来た男」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)