ストリート・オーケストラ screen ベティ

公式サイト: http://gaga.ne.jp/street/

ブラジル最大のスラム街。運命に立ち向かう為に、子供たちが手にしたのはラップでもサッカーでもなく、クラシック音楽だったー
【終了日:9/9(金)】

【原題】Tudo Que Aprendemos Juntos
【監督】セルジオ・マチャド
【キャスト】ラザロ・ハーモス カイケ・ジェズース,エウジオ・ビエイラ,サンドラ・コルベローニ,フェルナンダ・フレイタス
2015年/ブラジル/103分/ギャガ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
8月13日(土)〜8月19日(金)
11:45〜13:30
16:05〜17:50
21:30〜23:15 [レイト]
8月20日(土)〜8月26日(金)
11:45〜13:30
21:20〜23:05 [レイト]
8月27日(土)〜9月02日(金)
11:10〜13:00
9月03日(土)〜9月09日(金)
17:50〜19:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所: 劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ(8/9(火)まで)
有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売)

パンフレットをネットショップで販売中

ブラジルサンパウロ最大のスラム街で子供たちの交響楽団が誕生するまでの感動の実話!

2015年、ロカルノ国際映画祭のメインイベント、ピアッツァ・グランデでの野外上映は、熱い感動に包まれて幕を閉じた。名もなき子供たちが成し遂げた奇跡の実話に、8000人の観客が夜空の星も驚く壮大な喝采を贈ったのだ。物語の舞台は、サンパウロ最大のスラム街、エリオポリス。明日の暮らしさえ保証されないこの街で、希望のカケラすら持てずに、荒れた生活を送っていた子供たち。そんな彼らが、新しく赴任したヴァイオリン教師に教えられた音楽で生き方を変え、遂には交響楽団まで誕生させたのだ。映画祭での反響はすぐにヨーロッパ各地に広まり、フランス、ハンガリー、スウェーデンで上映され、さらにアメリカまで喝采の輪は広がった。そして、いよいよこの夏、クラシック音楽で逆境と闘うストリート・オーケストラが、日本にもやって来る_!

【STORY】

サンパウロ交響楽団のオーディションに落ちてしまった、ヴァイオリニストのラエルチ。失意のなか生活のために、スラム街の学校でヴァイオリン教師を始めるが、楽譜が読めないどころか、楽器の持ち方も知らない子供たちに愕然とする。この街では誰もが、今この瞬間を生きのびることに精一杯で、音楽なんて何の価値もないのだ。
ある時、ギャングに襲われたラエルチは、見事な演奏で逆襲する。感動したギャングが、突き付けた銃をおろしたと聞いた子供たちは、人を変える力は暴力だけではないことに心を動かされる。懸命に基礎を学び始めた子供たちは、たちまち上達し、なかでもマジメなサムエルと問題児のVRが突出した才能を発揮する。彼らに刺激を受けて、ラエルチもまた音楽への愛と情熱を取り戻していた。
そんな矢先、校長から次の演奏会で最高の演奏ができなければ、学校の存続は難しいと告げられる。しかし、一世一代のステージにしようと張り切るラエルチと子供たちに、思わぬ事件が待ち受けていた_。

関連映画
「ストリート・オーケストラ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)