教授のおかしな妄想殺人 screen ベティ

公式サイト: http://kyoju-mousou.com/

悩める男を絶好調に一変させた“ある企て”とは?人生の不条理を独特の哲学で描いたウディ・アレン監督最新作!
【終了日:8/12(金)】

【原題】Irrational Man
【監督】ウッディ・アレン
【キャスト】ホアキン・フェニックス,エマ・ストーン,パーカー・ポージー,ジェイミー・ブラックリー,ベッツィ・アイデム
2015年/アメリカ/95分/ロングライド /DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
7月30日(土)〜8月05日(金)
15:15〜16:50
8月06日(土)〜8月12日(金)
21:25〜23:00 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

“生きる意味”を探して奇妙にすれ違う男女の運命を描く
ウディ・アレンのテツガク的集大成たるダーク・コメディ!

人生というものは良かれ悪しかれ、何をきっかけに、どこへ転がっていくのか、誰にもさっぱりわからない。ゆえに私たち人間はどうしようもなく無力な存在であり、目には見えない運命や偶然といったものを受け入れながら日々を生きている。そもそも人間が“生きる意味”とは何なのだろうか。自分自身の存在意義や人生の道標を見失ったとき、都合よく“生きがい”なんて見つかるものだろうか......?2011年の『ミッドナイト・イン・パリ』でキャリア最高の大ヒットを飛ばした後も、年に1本の製作ペースを保ち、ケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞に輝いた人間ドラマ『ブルージャスミン』、南仏を舞台にした軽妙な恋愛喜劇『マジック・イン・ムーンライト』で世界中を魅了してきたウディ・アレン。この誰もが敬愛する天才監督は筋金入りのペシミストとして知られ、手を替え品を替え、先述の通りの運命や偶然なるものに翻弄される人間の哀しさ、滑稽さを探究してきた。そんな映画界の哲学者が「人生は無意味である」という真理に到達してしまったニヒルな大学教授を主人公に紡ぎ上げた『教授のおかしな妄想殺人』は、まさしくアレンのテツガク的集大成というべき奇想天外なダーク・コメディである。

【美しいキャンパスに赴任してきた悩める哲学科教授のエイブを絶好調にさせた“ある企て”とは――?】

並外れた変人と評判の哲学科教授エイブ(ホアキン・フェニックス)が、アメリカ東部の大学に赴任してくる。若い頃は政治活動やボランティアに熱中し、世界中を飛び回ったエイブだが、今では学問にも恋愛にも身が入らず、慢性的に孤独な無気力人間になっていた。そんなある日、たまたま立ち寄ったダイナーで迷惑な悪徳判事の噂を耳にした瞬間、エイブの脳裏に突拍子もない考えがひらめく。それは誰にも疑われることなく、自らの手で判事を殺害するという完全犯罪への挑戦。すると、あら不思議、奇妙な“生きる意味” を発見したエイブはたちまち身も心も絶好調となり、ひたすら憂鬱だった暗黒の日常が鮮やかに色めき出す。一方、エイブに好意を抱く教え子ジル(エマ・ストーン)は、まさか彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、ますます恋心を燃え上がらせていくのだが......。

「教授のおかしな妄想殺人」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)