ある戦争 screen ベティ

『光のほうへ』『偽りなき者』脚本で知られるトビアス・リンホルム監督作。第88回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート!
【終了日:1/27(金)※1週限定上映】

【原題】Krigen
【監督】トビアス・リンホルム
【キャスト】ピルウ・アスベック,ツバ・ノボトニー,ダール・サリム,ヨハン・フィリップ・アスベック
2015年/デンマーク/115分/トランスフォーマー/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
1月21日(土)〜1月27日(金)
09:10〜11:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(1/17(火)まで)
前売り券特典:ポストカード
パンフレットをネットショップで販売中

正義の決断が、許されない罪を生んだ

【アフガン紛争地域。部下の命を守る為に、奪われた民間人の命。
決断せざるを得なかった男の葛藤、それを支える家族との絆を描いた戦争ドラマの傑作!】

アフガニスタンの平和維持のために駐留するデンマーク軍の部隊長、クラウス。ある日のパトロール中にタリバンの襲撃を受け、仲間を守るため、敵が攻撃していると思われる地区の空爆命令を行った。だがその結果、彼は、子どもを含む11名の罪のない民間人の命を奪ってしまったのだった。軍法会議の為に帰国したクラウスは愛する家族に支えられながらも、罪の意識と部下たちを守るために「不可欠」だった決断との間で揺れ動く。そして、運命の結審が訪れようとしていた・・・。

『偽りなき者』『光のほうへ』といったT・ヴィンタ―ベア作品の脚本家として知られ、監督作『シージャック』で世界を席巻したトビアス・リンホルムによる本作は、過酷な戦場の様子をリアルに描きながら、極限状態で問われる人間の正義や家族の愛を、戦地と法廷、2つの場所を舞台に問いかけ、見事、第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートを果たす。主演は『LUCY/ルーシー』や、ハリウッド実写版<功殻機動隊>の『GHOST IN THE SHELL(原題)』でばとー役を演じることでも話題の、デンマークを代表する俳優ピルー・アスベック。

関連映画
「ある戦争」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)