ホドロフスキーの虹泥棒 screen ジャック

公式サイト: http://www.rainbowthief.jp

鬼才アレハンドロ・ホドロフスキーが1990年に発表した幻の作品が蘇る!
【終了日:3/10(金)※1週限定上映】

【原題】The Rainbow Thief
【監督】アレハンドロ・ホドロフスキー
【キャスト】ピーター・オトゥール,オマー・シャリフ,クリストファー・リー,ジョアンナ・ディケンズ,イアン・デューリー
1990年/イギリス/92分/アーク・フィルムズ/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
3月04日(土)〜3月10日(金)
17:35〜19:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(2/28(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:ポストカード

人生は、空にかかるあの虹のように

「アラビアのロレンス」の伝説のコンビ、ピーター・オトゥール&オマー・シャリーフ主演によるホドロフスキー監督初のメジャー大作。加えて、クリストファー・リーも印象深い役を怪演している。本作はホドロフスキー監督長編第6作目にして初のメジャー資本、また初のイギリス映画である。撮影はポーランドのグダニスクで行われた。本作はイギリス(1990)、イタリア(1990)、フランス(1994)などで公開(公開当時は87分)されたもののアメリカでは未公開であり、日本においても完全未公開のままであった。
今回、ホドロフスキー監督監修による「ディレクターズ・カット版」(92分版)にて日本初公開となる。

【STORY】

ルドルフ(クリストファー・リー)は飼い犬のダルメシアンにしか興味がない風変わりな大富豪。ある夜、親族を招いて-その親族たちはルドルフの死をみこして遺産を虎視眈々と狙っている-晩餐会を開いたが、その晩餐メニューとは飼い犬にはキャビア、人間にはただの骨というものだった。招かれた親族たちはその扱いに怒り狂う。 そうこうしている内にルドルフの常連の売春婦達-レインボウ・ガールと呼ばれる虹色のドレスに身を包んだグラマーな美女達-が到着する。招待客を差し置いてどんちゃん騒ぎをするルドルフだったが、その場で心臓発作になり昏睡状態に陥ってしまう。

親族たちは弁護士のもとに集まり、遺言はどうなっているのかと言い争うが、ルドルフは昏睡状態にあるもののまだ生きているためなすすべがなく、同じく風変わりな甥のメレアーグラ(ピーター・オトゥール)に全ての遺産が渡ってしまうのではないかと気が気では無かった。メレアーグラは遅れてその場に着くも、親族たちのやり取りを裏で聞いてしまい、愛犬クロノスと共にその場を静かに去ってしまう。

5年後――、メレアーグラはコソ泥のディマ(オマー・シャリーフ)と地下下水道で暮らしていた。愛犬のクロノスは既に死んでしまっている。二人はメレアーグラの叔父ルドルフの死と相続できるであろう遺産を待ちわびて日々を暮らしていた・・・。

関連映画
「ホドロフスキーの虹泥棒」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)