ハート・オブ・ドッグ 犬が教えてくれた人生の練習 screen ジャック

公式サイト: http://dog-piano.jp

音楽家ローリー・アンダーソンが贈る「愛と死」「アメリカの今」を綴ったシネマ的エッセイ(ドキュメンタリー)。
【終了日:6/16(金)※1週限定上映】

【原題】Heart of a Dog
【監督】ローリー・アンダーソン
【キャスト】ルー・リード,ジュリアン・シュナーベル,ゴードン・マッタ=クラーク
2015年/アメリカ/76分/テレビマンユニオン/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
6月10日(土)〜6月16日(金)
17:20〜18:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

故ルー・リードの妻であり音楽家のローリー・アンダーソン監督が贈る「愛と死」にまつわるシネマ的エッセイ〈ドキュメンタリー)

【ヴェネチア映画祭コンペティション正式出品
NYタイムズが選ぶ 2015年ベスト10に選出!】

NYのアートシーンで70年代から活躍し続ける音楽家ローリー・アンダーソン。本作は彼女と夫ルー・リードが飼っていた愛犬ロラベルとの日々を通して「愛と死」「アメリカの今」を綴ったシネマ的エッセイ。幼い日の記憶、他愛のないビデオ日記、母への複雑な感情、愛する人との別れや思い出の断片が、過去と現在、現実と空想を超えたコラージュのように、ときにユーモラスに、ときに抒情的に描かれます。
本作は2012年に制作が始まっていたものの、ルー・リードの闘病と死去で中断。その後、彼に捧げ る長編映画として完成しました。全編に渡る美しい映像とアンダーソン自身による朗読は、様々な喪 失を乗り越えるヒントが見つかる「人生の練習帳」ともいえる本作。私たちが生きる世界は複雑で息 苦しくなっているかもしれない。それでも “物語る”ことで私たちは 自由であり続ける。そんなメッ セージが込められた全ての生命への “共感(empathy)”の讃歌となっています。

関連映画
「ハート・オブ・ドッグ 犬が教えてくれた人生の練習」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)