生誕45周年 ロマンポルノ、狂熱の時代 vol.2 screen ジャック

新作<ロマンポルノ・リブート・プロジェクト>公開に併せて、過去1,100以上あるタイトルから厳選されたクラシックの傑作を上映!

十分余裕をもってお座りいただけます。
2月25日(土)〜3月02日(木)
21:55〜
3月03日(金)
18:30〜
21:55〜
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,200 ¥1,200 ¥1,200
会員 ¥1,200 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,200
サービスデー等の割引対象外/18歳未満のお客様はご覧になれません/<ロマンポルノ・リブート・プロジェクト>新作前売券提示で割引あり

2016年11月20日に生誕45周年を迎える「日活ロマンポルノ」。今回28年ぶりに製作された完全オリジナルロマンポルノ新作<ロマンポルノ・リブート・プロジェクト>公開に併せて、過去1,100以上あるタイトルから厳選されたクラシックの傑作を上映致します。ロマンポルノが始まった1970年代、あの狂熱の時代の熱量を感じることが出来る作品群です。

▷ロマン・ポルノ・リブート・プロジェクト新作公開記念 傑作クラシックも順次上映。『㊙色情めす市場』(『牝猫たち』公開記念)、『一条さゆり 濡れた欲情』(『ANTIPORNO』公開記念)、『花芯の刺青 熟れた壷』(『ホワイトリリー』公開記念)

料金

【料金】一律1200円 ※各種割引・サービスデー等は適用不可
<ロマンポルノ・リブート・プロジェクト>新作前売券提示で割引あり
5回券を提示 → 500円に割引 / 1回券を提示 → 800円に割引

グラウベルローシャ

<『ホワイトリリー』公開記念>
花芯の刺青 熟れた壷

(1976年/カラー/74分/35mm)
監督:小沼勝 脚本:松岡清治
出演:谷ナオミ、蟹江敬三、北川たか子

紙人形を作りながら、愛娘と暮らす未亡人。しかし、ひとりの男を巡って母娘が凄艶な肉欲の地獄へと堕ちていく…。風情あるロケーション、衣装、セットを存分に生かした森勝の撮影と小沼勝の演出の完成度が際立つ一篇。全身に刺青を入れた谷ナオミの恍惚の表情や彫師の狂気を体現する蟹江敬三の演技も必見の官能巨編。

グラウベルローシャ

黒薔薇昇天

(1975年/カラー/72分/ブルーレイ上映)
監督・脚本:神代辰巳 原作:藤本義一
出演:谷ナオミ、岸田森、芹明香

ブルーフィルムの制作に全身全霊を捧げる男たちの悲哀を、鬼才・神代辰巳が軽妙に描く。監督役の岸田森の怪演は衝撃的。『悶絶!!どんでん返し』と同じく、神代辰巳作品の谷ナオミはSM映画と一線を画して、可愛らしく現代的な女性を好演。さまざまな撮影現場のロケーションも見どころのひとつ。

グラウベルローシャ

㊙女郎市場

(1972年/カラー/70分/35mm)
監督:曽根中生 脚本:田中陽造
出演:片桐夕子、益富信孝、五條博

88年の『フライング 飛翔』を最後に消息不明だったが、2012年にひょっこり現れた曽根中生が、荒木一郎の「風流宿場女郎日記」を元に描いた異色時代劇。ロマンポルノを代表するスター女優・片桐夕子演じるお新の天真爛漫さが爽やかな笑いを誘う意欲作にして、鈴木清順監督作に多く関わった田中陽造と曽根中生の自由奔放な個性が存分に発揮された傑作コメディ。

グラウベルローシャ

ラブホテル

(1985年/カラー/88分/35mm)
監督:相米慎二 脚本:石井隆
出演:速水典子、寺田農、志水季里子、益富信孝
   中川梨絵、佐藤浩市

会社が倒産し、人生に絶望した村木は自殺を決意。死ぬ前にある女を買い、ラブホテルで凌辱の限りを尽くした。2年後、自殺を思いとどまった村木は女と偶然再会するが…。神代辰巳、曾根中生の助監督を経て、相米慎二が自ら望んで撮った唯一のロマンポルノ。山口百恵、もんたよしのりの歌が切ない余韻を残す、「村木と名美」シリーズのラブストーリーの名作。

グラウベルローシャ

白い指の戯れ

(1972年/カラー/75分/35mm)
監督:村川透 脚本:神代辰巳、村川透
出演:伊佐山ひろ子、荒木一郎

松田優作主演の“遊戯”シリーズや、「探偵物語」TVシリーズで多くのヒットを生み出した村川透監督デビュー作。本作で初々しくも堂々たるデビューを飾った伊佐山ひろ子、ミュージシャンとしても人気の高い荒木一郎を主演に迎え、学生運動が退潮したこの時代特有の若者の浮遊感を軽やかに切り取り、村川透の代表作との呼び声が高い。

グラウベルローシャ

恋狂い

(1971年/カラー/74分/35mm)
監督・脚本: 加藤彰
出演:白川和子、葵三津子、大泉隆二

哲次は長い航海を終え久々に帰宅するが、待ちわびているはずの新妻・火奈子は蒸発し、行方がわからなくなっていた…。若い火奈子は自分の体の火照りを押さえられず、男を求めて夜の街をさまよううちに裏社会に巻き込まれていく。70年代には早過ぎた白川和子版『ニンフォマニアック』。ヒロインの心情を写す浅川マキの歌が哀しく深く響く。

グラウベルローシャ

人妻集団暴行致死事件

(1978年/カラー/96分/35mm)
監督:田中登 脚本:佐治乾
出演:室田日出男、黒沢のり子、古尾谷康雅

東京近郊の地方都市、社会からドロップアウトした3人の若者がいた。泰造は3人にかつての自分を重ね、一緒に飲み歩き、小遣いを渡すなど面倒を見ていた。しかし、ある日3人は泰造の妻を犯し、殺してしまう…。妻の遺体を自ら清め、淡々と葬る室田日出男の静かな熱演に心揺さぶられる。無軌道な若者たちが暮らす地方都市のロケーションが印象的な一篇。

グラウベルローシャ

牝猫たちの夜

(1972年/カラー/68分/ブルーレイ上映)
監督:田中登 脚本:中野顕彰
出演:桂知子、原英美、牧恵子、吉澤健

男たちのオアシス、ソープランドで働く三人の牝猫たちの日常を描く。キャベツを天井から吊るして齧る謎の男や、「死」のイメージカットなど、田中登ならではのシュールな演出が随所に見られる一方、新宿の風景に溶け込むヒロインたちはリアルな魅力を放つ。新作ロマンポルノ『牝猫たち』で白石和彌がオマージュした田中登の初期の傑作。

グラウベルローシャ

 

関連映画
「生誕45周年 ロマンポルノ、狂熱の時代 vol.2」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)