南瓜とマヨネーズ screen ベティ

公式サイト: http://kabomayo.com/

漫画家・魚喃キリコの代表作を「ローリング」冨永昌敬監督、臼田あさ美主演で映画化!
【終了日:12/8(金)※12/2(土)3(日)は休映】

【監督】冨永昌敬
【キャスト】臼田あさ美,太賀,浅香航大,若葉竜也,大友律
2017年/日本/93分/S・D・P/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
11月11日(土)〜11月17日(金)
09:15〜10:50
15:10〜16:45
21:35〜23:10 [レイト]
11月18日(土)〜11月24日(金)
11:40〜13:15
19:25〜21:00 [レイト]
11月25日(土)〜12月01日(金)
19:45〜21:20 [レイト]
12月04日(月)〜12月08日(金)
17:15〜18:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(11/7(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:ポストカード
*無くなり次第終了となります。
11/18(土)19:25回上映後、横浜公開記念トークショー開催
登壇者(予定):太賀さん、冨永昌敬監督、廣原暁監督(「ポンチョに夜明けの風はらませて」)


パンフレットをネットショップで販売中

2つの恋に揺れる、痛くて愛おしい“わたしたちの”ラブストーリー。

【恋愛漫画の金字塔にして魚喃キリコの代表作、待望の映画化】

日常の普遍的な尊さと女性の繊細な心情をリアルに描いた魚喃キリコの代表作『南瓜とマヨネーズ』。
恋愛漫画の金字塔にして、90年代を象徴する名作が鬼才・冨永昌敬監督によって実写映画化される。
出演に臼田あさ美、太賀、オダギリジョーを迎え、原作の持つ世界観を忠実に再現。
その出来栄えには原作者も「みごとにのまれた、感謝!」と最大級の賛辞を送る。
甘く切ない恋のほろ苦さ、人には言えない葛藤を描いた心に突き刺さる等身大の恋愛映画が誕生した。

【STORY】

ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていた。
一方、曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。
しかしツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。
ツチダが今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョ-)と偶然の再会を果たしたのはそんな矢先だった。
過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが…。

関連映画
「南瓜とマヨネーズ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)