ウィッチ screen ベティ

全米大ヒット!最も不気味で、最も美しい―至極のダーク・ファンタジア
【終了日:9/29(金)】

【原題】The Witch
【監督】ロバート・エガース
【キャスト】アニヤ・テイラー=ジョイ,ラルフ・アイネソン,ケイト・ディッキー,ハーベイ・スクリムショウ,エリー・グレインジャー
2015年/アメリカ/93分/インターフィルム/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
9月16日(土)〜9月22日(金)
19:20〜20:55 [レイト]
9月23日(土)〜9月29日(金)
21:30〜23:05 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(9/12(火)まで
前売り券特典:ポストカード2枚セット
パンフレットをネットショップで販売中

貴方はまだ、本当に恐ろしい“魔女映画”(ウィッチ)を知らない・・・。

【誰も観たことがないダーク・ファンタジー・ホラー 】

ヘンゼルとグレーテル、赤ずきんちゃんを彷彿させる―グリム童話のダークな部分が永遠の悪夢になったような怖さ!とファンの間で評判を呼び、世界中の映画祭に招待され熱い支持を獲得、有名映画賞も数多く受賞、まさに期待度MAXの状態で日本に上陸するのが本作『ウィッチ』だ。監督は、ハリウッドで近年最も期待される新人監督と称され、サンダンス映画祭で監督賞を受賞したロバート・エガース。次回作は、ホラー映画史に残る『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922)のリメイクの監督に大抜擢されている。主演は、本作での圧倒的な評価でいきなりM・ナイト・シャマランの『スプリット』のヒロインへと抜擢され、ミラクルな速さでメジャー女優の仲間入りを果たしたアニヤ・テイラー=ジョイ。提供は、本年度アカデミー賞®作品賞受賞『ムーンライト』のA24。ビジュアルショックでおどろかす映画とは一線を画し、人間の内面を暴き出すダーク・ホラー。男女を問わず、ホラー初心者から映画マニアの方まで幅広く堪能できる最高・最上の映画がやってくる!!

【愛する娘は魔女なのか― 】

1630年、ニューイングランド。街を追い出された父ウィリアム(ラルフ・アイネソン)と母キャサリン(ケイト・ディッキー)は、5人の子供たちと共に森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しく成長した愛娘トマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)が魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく・・・。

関連映画
「ウィッチ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)