第5回横浜みなと映画祭2017 銀幕の中のヨコハマ screen ベティ

帰ってきたユカとヌーベルバーグ。7/22(土)「わが恋の旅路」、7/23(日)「月曜日のユカ」を上映!

7月22日(土)
14:30〜16:25
7月23日(日)
10:00〜11:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,200 ¥1,200 ¥1,200
会員 ¥1,200 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,200
イベント上映のため、一律料金となります。ポイントカードへの押印対象外。招待券・ポイントカード等による無料鑑賞はご利用いただけません。※本作のチケット先売りはございません
7/22(土)14:30回「わが恋の旅路」上映前、
篠田正浩監督の舞台挨拶あり!

横浜の街が映る昭和の名作と、横浜生まれの禅僧を追う新作ドキュメンタリー。
当館では22(土)「わが恋の旅路」、23(日)「月曜日のユカ」を上映!

7/22(土)14:30回上映
「わが恋の旅路」
【ストーリー】
有閑マダムとの関係を清算し、地方新聞社の横浜タイムスに入社した青年・石原潔。潔は喫茶店のウェイトレス・千江に強く惹かれ、二人の仲は急速に深まっていく。そんな折、千江の父親が入院してしまい・・・・・・。
【横浜みなと映画祭的見どころ】
現在でも熱狂的支持を受けている劇作家の寺山修司が、篠田監督とともに脚本を担当した。松竹伝統の正統派メロドラマでありながら懐古調では終わらない、二人の異才が放つ現代的センスが光る作品である。JR関内駅前の、現在は高速道路となっている「派大岡川」や、かつて横浜市役所前にあった「港橋」、生糸の街・横浜の地場産業である「捺染(なっせん)工場」やかつて伊勢佐木町にあった映画館・読売グリーンホールなどの映像も見どころ。
【篠田正浩(しのだ・まさひろ)プロフィール】
映画監督。1931年、岐阜県生まれ。早稲田大学卒業後、1953年松竹に入社。大島渚、吉田喜重とともに松竹ヌーベルバーグの旗手と呼ばれた。退社後、独立プロダクションの表現社を設立。代表作に『沈黙』『瀬戸内野球少年団』『写楽』『スパイ・ゾルゲ』などがある。


7/23(日)10:30回上映
「月曜日のユカ」
【ストーリー】
舞台は横浜。18歳のユカは、初老のパトロンと同世代の恋人を持ち、誰にでも体を開くが、キスだけは決して許さない。パトロンとの逢瀬はいつも月曜日だった…。男を悦ばせることのみが生き甲斐という「妖精」のような女の姿を描いた青春ラブストーリーの秀作。
【横浜みなと映画祭的見どころ】
監督はスピーディーでモダンな映像で名高い中平康。小妖精の異名をとる加賀まりこの魅力と、元町をはじめとするモダン横浜の映像がマッチし、日活ムードアクションの路線とは異なるファッショナブルな名作となった。脚本の安川実は中区本牧出身のタレント・故ミッキー安川で、ヨコハマに実在した伝説の女性をモデルに物語を描いた。山下公園、ホテル・ニューグランド、赤灯台、新港埠頭といった定番ロケ地以外に、三吉橋が映る。

「第5回横浜みなと映画祭2017 銀幕の中のヨコハマ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)