野坂昭如 戦争童話集 ~忘れてはイケナイ物語り~ screen ジャック

野坂昭如の「戦争童話集」が、黒田征太郎の絵とともに映像化。

8月12日(土)〜8月18日(金)
11:20〜
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
1本目の半券提示で2本目以降の一般1200円
8/12(土)11:20回上映後、初日舞台挨拶
登壇者:黒田征太郎さん(絵)、佐藤輝さん(映像)

舞台挨拶後、黒田征太郎さんを囲む交流会&アトリエワークショップ開催
”大人も子供も一緒にイノチの事を考えながら話したり絵を描いたりしませんか。
 ~黒田さんのお話しを聞いて、皆様と一緒に絵を描きます。”

会場:劇場1F 横浜パラダイス会館
料金:1ドリンクオーダー制(350円~)

※ご自由に画材などをお持ち下さい。主催側でも準備いたします。
※出来上がった作品はお持ち帰りいただけます
※要予約。定員制(20名程度)となります。
電話予約:045-243-9800
メール予約:info@jackandbetty.net

メールの場合 タイトルに「戦争童話 交流会」とお書きの上、
1)お名前(ふりがな)
2)電話番号
3)メールアドレス
4)人数 (お子様の場合、年齢も)
をお送りください。
予約受付が完了次第、返信いたします。

※予約が定員に達しなかった場合は、当日参加を受け付けます。

プログラム ① (64分)
▶「小さい潜水艦に恋をしたでかすぎるクジラの話」
日本海軍の潜水艦を自分の仲間だと思いこんで恋をしてしまった一頭のクジラが、その恋人を守るためにくりひろげる美しくも哀しいラブ・ストーリー。人間を疑うことを知らないクジラの、一途な思いが、胸を打ちます。(ナレーション:大塚寧々)
▶「凧になったお母さん」
戦火の中を逃げまどう、カッちゃんとお母さん。燃え上がる火の中で、お母さんはカッちゃんのために、必死に子守歌を歌います。「どうせ死ぬのなら、苦しみ少なく」と歌います。カッちゃんはいま、どこにいるのでしょう。(ナレーション:中山千夏)
▶「年老いた雌狼と女の子の話 」
年老いた狼が死場所を求めてさまよい歩いている時、病気で捨てられてしまったキクちゃんという女の子に出会います。キクちゃんと会ったことで再び生きる勇気を取り戻した狼と、一人ぼっちのキクちゃんの運命は?(ナレーション:宮沢りえ)

プログラム ② (72分)
▶「青いオウムと痩せた男の子の話」
小さな防空壕の中にオウムと男の子が住んでいました。戦死したお父さんが南の国からおみやげに買ってきてくれたオウムは、爆撃のショックで言葉を忘れた男の子にダイジョウブ?と語りかけ男の子を励ましつづけます。(ナレーション:薬師丸ひろ子)
▶「干からびた像と象使いの話」
戦争になり、動物園の動物たちが処分されることになりました。人間が食えないのに、動物にやる食料などないというのです。像を殺せと命令を受けた象使いのおじさんは像を連れて動物園を逃げ出し、スリリングな旅に出ます。(ナレーション:藤村志保)
▶「赤とんぼと、あぶら虫」
赤とんぼと呼ばれる小さな飛行機に乗って、敵機に飛行機もろとも突っこんでく特攻隊。しかし、突っこみそこなって帰るところもなく、南の島に不時着した少年飛行士は、一匹のあぶら虫と友達になり、命の尊さを知ります。(ナレーション:寺尾 聰)

プログラム ③ (70分)
▶「八月の風船 」
日本軍の秘密兵器“ふ号兵器”。大きな風船に爆弾を仕掛け、ジェット気流にのせてアメリカ本土を直接攻撃する実際にあったお話です。紙とコンニャク糊で作られた風船爆弾は、はたしてどこまで飛んで行ったでしょう。(ナレーション:小林 薫)
▶「捕虜と女の子」
日本軍に捕らえられた捕虜のスティーブは、焼け落ちた収容所から逃げ出し、人気のない横穴壕で小さな女の子に出会います。言葉を超えて、本当の兄妹のように仲良くなったスティーブと女の子を待ち受ける運命の皮肉!(ナレーション:桃井かおり)
▶「ソルジャーズ・ファミリー」
食料のない南の島に取り残された兵士たちを飢えがおそいます。三百人いたのが、いまでは五人に。一番若くて元気だった兵士も、やがて龍宮城へ、冒険ダン吉の国へ、日本へと、夢の世界をさまよいはじめました。(ナレーション:黒柳徹子)

プログラム ④ (79分)
▶「馬と兵士」
馬が大好きな若い兵士は、爆弾で傷ついた馬と一緒に兵営を逃げ出します。不名誉な脱走兵となった兵士は、でも馬と一緒に死ねるならいいや、何よりも死ぬ前に自由になれたんだからしあわせじゃないか、と思うのでした。(ナレーション:藤 竜也)
▶「ぼくの防空壕」
お父さんが戦地に出かける前に一生懸命掘って作ってくれた防空壕。そこに入れば、少年のそばにはいつだって戦死したお父さんが寄り添って励ましてくれます。大好きな僕の防空壕、空襲だってちっとも怖くありません。(ナレーション:吉岡秀隆)
▶「焼跡の、お菓子の木」
な~にもない焼跡で子供たちが見つけた一本の、いい匂いのする不思議な木。葉を一枚食べてみると「うわっ、おいしいっ。」空襲で死んだママの熱い思いが育てたお菓子の木。大人たちは誰もこの木に気がつきません。(ナレーション:野坂昭如、愛 燿子)

 

「野坂昭如 戦争童話集 ~忘れてはイケナイ物語り~」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)