アイム・ノット・シリアルキラー screen ジャック

公式サイト: http://iamnotserialkiller.jp/

ソシオパス(殺人予備軍)vsシリアルキラー(連続殺人鬼) 狂気と狂気の対決が始まる。
【終了日:10/6(金)※1週限定上映】

【原題】I Am Not a Serial Killer
【監督】ビリー・オブライエン
【キャスト】マックス・レコーズ,クリストファー・ロイド,ローラ・フレイザー,カール・ギアリー
2016年/アイルランド,イギリス/86分/松竹メディア事業部/DCP

9月30日(土)〜10月06日(金)
19:25〜21:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

新旧ハリウッドスター
狂気の対決!!

【隣人は、赤い臓物を貪り喰らう、連続殺人鬼_そんな彼に僕はどうしようもなく引き寄せられる・・・】

アメリカの田舎町に暮らす16歳の少年・ジョン。葬式屋を経営する家庭に育ち、その影響なのか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス(社会病質者)と診断される。そんなある日、彼の住む町で謎の連続殺人事件が発生し、その死体が自宅の葬儀屋に運び込まれる。その死体は切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていたのだ。それを見たジョンは猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感し、強い興味を示し始める・・・。
自ら調査に乗り出したジョンは、偶然にも殺人現場を目撃し、連続殺人鬼の正体を知ることになる。なんと隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!
ジョンは自身の奥底に眠る衝動的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこの連続殺人鬼を阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死闘が始まる。

主演は『かいじゅうたちのいるところ』で主役を演じ、次世代のスターと注目を集めるマックス・レコーズ。ソシオパス〈殺人予備軍〉である主人公・ジョンの心の葛藤を見事に演じている。
そのジョンと対峙するシリアルキラーを演じるのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドク役でお馴染みのクリストファー・ロイド。不気味なシリアルキラーを怪演している。またシッチェス・カタロニア国際映画祭〈パノラマ観客賞〉を受賞したほか、世界の映画祭で上映され高い評価を獲得している。

関連映画
「アイム・ノット・シリアルキラー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)