三つの光 screen ジャック

公式サイト: http://threelights.tokyo

ベルリン・ロカルノ・香港・全州、世界が注目する吉田光希監督最新作!
【終了日:2/23(金)※1週限定上映】

【監督】吉田光希
【キャスト】池田良,鈴木士,小宮一葉,真木恵未,石橋菜津美
2017年/日本/100分/シネマ☆インパクト/DCP

2月17日(土)〜2月18日(日)
15:45〜17:35
2月19日(月)〜2月23日(金)
19:30〜21:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
http://threelights.tokyo
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(2/13(火)まで)
2/17(土)15:45回上映後、初日舞台挨拶開催
登壇者:池田良さん、鈴木士さん、小宮一葉さん、真木恵未さん、吉田光希監督

届け、音楽。放て、光を。

【ルリン・ロカルノ・香港・全州、
世界が注目する吉田光希監督最新作、ついに日本公開!】

『症例X』(‘08)ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞、ロカルノ映画祭選出、『家族X』(‘11)ベルリン国際映画祭選出、『トーキョービッチ,アイラブユー』(’13)東京フィルメックススペシャル・メンションと国内外で評価の高い吉田光希監督、待望の最新作『三つの光』が、ベルリン国際映画祭、香港国際映画祭出品を経て、日本での劇場公開が決定しました。

【圧倒的なリアリティで心の再生を描く】

 深夜の倉庫街で楽曲制作をするマサキとKの元に、抑圧された日常から逃れるようにして3人の女が集まってきた。自宅でピアノ演奏を撮影し、動画共有サイトにアップロードを続けるアオイ。夫とすれ違いの生活を続ける専業主婦のミチコ。歌うことの意義を失いつつあるシンガーのアヤ。マサキとKとの出会いによって自分を解き放っていく3人。それは、共に作り上げていく一つの音楽に結実するように思われたのだが・・・。

【喜びと葛藤、希望と焦燥。】

橋口亮輔監督『恋人たち』(‘15)の好演で、高崎映画祭優秀新進俳優賞を受賞した池田良をはじめ、
新人俳優たちと監督が対話を重ね、それぞれの個性や境遇をキャラクターに反映させ、
観る者に圧倒的なリアリティをもって語りかけます。
もがき続ける人間の姿を通して、誰もが抱く希望や葛藤、焦燥を描き、心の再生に迫る意欲作です。

【STORY】

抑圧された日常から逃れてきた三人の女。
作り上げる一つの音楽_。

稼働を止めた深夜の倉庫街。その中に一軒だけ明かりを灯す建物があった。
山積みの楽器に囲まれ、ひとり楽曲制作を続けているマサキがいる。
そして、彼の横にはいつでもKがいた。
「もう誰も来ねーよ」
「そんなこと言ったら、全部お終いじゃん」
かつて音楽スタジオとして使われていた場所。今は2人の他に、やってくる者は誰もいない。
保育士として働くアオイは、しばらく仕事を休んでいる。
婚約していた恋人との関係は、他人に壊されるかたちで終わりとなった。
無気力にベッドに横たわり一日を過ごす。自室に置かれたピアノの前で、鍵盤に指を置く。
気持ちの動きに合わせて音を奏でてみる。か弱く、輪郭の無い音楽が鳴る。
彼女は自分の演奏姿を撮影し、動画共有サイトにアップロードし続けている。
「誰も観てないんだけどさ、前は向いてる」
今はこれだけが彼女と世界の接点だった。

専業主婦のミチコは、かつて思い描いていた理想の家族像があった。
経済的にも不自由なく、子どもの居る幸せな家庭。
結婚から2年ほどたった今、その理想とは違うところに居る。
夫とはすれ違うように続く日々。
「すごいヒマだけど、自由が無いじゃん私。表にでたい」
彼女が本音を話せるのは、息抜きで通い始めたテニススクールのコーチだけだった。
彼らは次第に自分の日常に距離を起き始め、そして出会う。
相容れぬような4人は互いに惹かれ合い、やがて不思議なコミュニティを形成していく――。

関連映画
「三つの光」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)