ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男 screen ジャック

本作品の公開予定:3/3(土)〜

公式サイト: http://dries-movie.com

究極の美の源泉は揺るぎない信念と美しき生活。孤高のファッションデザイナーの創作の謎に迫る―

【原題】Dries
【監督】ライナー・ホルツェマー
【キャスト】ドリス・バン・ノッテン,アイリス・アプフェル,スージー・メンケス
2016年/ドイツ,ベルギー/93分/アルバトロス・フィルム/

前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ(2/27(火)まで)
有隣堂伊勢佐木町本店(特典は付きません)
前売り券特典:オリジナルクリアファイル

時代を超えたタイムレスな服を目指している。
この撮影を通じて成否を判断してほしい_

ミシェル・オバマ前大統領夫人、ニコール・キッドマン、そしてアイリス・アプフェルなど、世界のセレブリティやファッション・アイコンが愛して止まないファッションデザイナー“ドリス・ヴァン・ノッテン”。これは、ファッション勢力図を塗り変えた企業買収の嵐や、共同経営者の死を乗り越え、唯一無二のブランドを牽引する天才デザイナー、ドリス本人に迫る初のドキュメンタリー映画である。広告は一切しない、自己資金だけで活動する、手軽な小物やアクセサリーは作らない。洋服だけで世界と勝負する潔さは、他の一流ブランドの追随を許さない。独立系ブランドの雄と呼ばれる所以である。
ドリスは25年間、一度も休むことなくメンズとレディースのコレクションを年4回発表してきた。カメラは2014年9月にパリのグラン・パレで開催された2015春夏レディース・コレクションの舞台裏から、2016年1月にオペラ座で発表した2016/17秋冬メンズ・コレクションの本番直後までの1年間に密着。彼が半年間かけてクリエイトした努力の結晶を幼さの残るモデルに自ら着付けるショーの舞台裏はもちろん、世界中に特注した生地のサンプルが整然と並べられたアトリエ、インドで彼の要望に応えるためにフル回転する刺しゅう工房など、創作活動の全貌を明らかにする。
ドリスのユニークな創作活動を支えるインスピレーションの源のひとつが、パートナーのパトリックと暮らすアントワープ郊外の邸宅である。デビュー以来、多種多様な花のモチーフを使ってきたドリスにとって、2人が暮らす邸宅の噂の広大な庭がコレクションに大きな影響を及ぼしていることは指摘されてきた。本作ではサンクチュアリに初潜入。季節ごとに表情を変える花園や家庭菜園をドリス自らが案内し、採れたばかりの野菜を手際よく調理する貴重な映像も収められた。
音楽はイギリスのロックバンド、レディオヘッドでベーシストを務めるコリン・グリーンウッド。13年にはドリスの2014春夏レディース・コレクションで音楽を担当した縁もあり、本作で映画音楽を初めて手掛けた。  
 これまで、殺到する密着取材を断ってきた孤高のファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン。美しいものを愛し、スキャンダルとは無縁で、全力で何事にも取り組む完璧主義者の彼がのぞかせた意外な素顔とは。25年間の軌跡とこれからの25年間を予感させる夢のような93分が、今、始まる!

関連映画
「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)