坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async screen ジャック

坂本龍一が2017年にニューヨーク で開催したパフォーマンスの模様を収めたライブムービー
【終了日:5/4(金)※1週間限定上映】

【監督】スティーブン・ノムラ・シブル
【キャスト】坂本龍一
2017年/アメリカ,日本/70分/ライブ・ビューイング・ジャパン/DCP

4月28日(土)〜5月04日(金)
19:35〜20:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥2,500 ¥2,500 ¥2,500
会員 ¥2,500 ¥2,500 ¥2,500
高校生以下・しょうがい者:¥2,500
特別料金のため各種割引対象外/招待券・ポイントカード等による無料鑑賞不可

幻のニューヨークライブ。坂本龍一をめぐって出現した、神秘的な瞬間。

映画『戦場のメリークリスマス』『ラストエンペラー』などの楽曲をてがけ、英国アカデミー賞、米アカデミー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞。世界的音楽家として評価されている坂本龍一。8年ぶりに発売されたオリジナルアルバム「async」のリリースを記念し、2017年4月、ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで行われた限定ライブが世界に先駆け『坂本龍一PERFOMANCE IN NEW YORK:async』として2017年のプレミア上映を皮切りに日本最速上映される。
90年代後半より、社会問題・環境問題に意識を向けるようになった坂本龍一は、音楽表現にも影響していく中、中咽頭癌と診断される。1年の闘病生活を経て「async」で復帰した。
映画音楽やテクノといった同期を前提とする楽曲を作ってきた坂本が行き着いた先は「音」そのものと向き合う非同期的な音楽であった。今回公開された90秒の予告編では、アンドレイ・タルコフスキー監督の架空の映画音楽を書くというコンセプトの下、限定された貴重な空間で100人の観客が見守る中、ピアノやガラス板など駆使して「非同期的な音楽を作りたい」と本人が感じるまま演奏したパフォーマンスが響き渡るのであった。

関連映画
「坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)