恋多き女 デジタル修復版 screen ジャック

20世紀初めのフランスを舞台に、ポーランドから来た美貌の公女エレナが巻き起こす恋愛騒動を描く名作。
【終了日:6/15(金)※1週限定上映】

【原題】Elena et les Hommes
【監督】ジャン・ルノワール
【キャスト】イングリッド・バーグマン,ジャン・マレー,メル・ファーラー,ジャン・リシャール,マガリ・ノエル
1957年/フランス/99分/川崎市アートセンター(10周年記念事業)/DCP

6月09日(土)〜6月15日(金)
11:05〜12:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

美貌の公女エレナが巻き起こす
恋愛喜劇の芽衣作

【人生は祝祭!
よき時代 ベル・エポックのパリ】

20世紀初めのフランスを舞台に、ポーランドから来た美貌の公女エレナが巻き起こす恋愛騒動を描く名作。革命記念日に沸くパリで、エレナに恋した3人の男たち、国民的人気の将軍、その親友の伯爵、富豪の実業家。彼らの行動はやがてフランスを揺るがす大騒動に発展していく。彼らとフランスの運命は、公女エレナの純粋な心にゆだねられていた。ジャン・ルノワール監督が、美しい映像とともに綴る、心躍る恋愛讃歌である。

【イングリッド・バーグマン主演の大らかな恋愛喜劇】

主演はイングリッド・バーグマン。ハリウッドと家庭を捨て、イタリアの名匠ロベルト・ロッセリーニと結婚した世紀のスキャンダルから6年。『大いなる幻影』の名監督ジャン・ルノワールのもとで、変わらぬ美しさをあでやかに披露し、ハリウッド復帰のきっかけとなった恋愛喜劇の名作である。共演はフランスの二枚目俳優ジャン・マレーと、この頃オードリー・ヘプバーンと結婚していたメル・ファーラー。そして特別出演の歌姫ジュリエット・グレコが大輪の花を添える。

【「フランス人は恋愛好きだ」
「これも文明の一形態」】

関連映画
「恋多き女 デジタル修復版」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)