大英博物館プレゼンツ 北斎 screen ベティ

公式サイト: http://hokusai-movie.jp

天才絵師の魅力を紐解くドキュメンタリー映画。あなただけの「北斎」へようこそ
【終了日:6/1(金)】

【原題】British Museum Presents: Hokusai
【監督】パトリシア・ウィートリー
【キャスト】デビッド・ホックニー,ティム・クラーク
2017年/イギリス/87分/東北新社/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
5月19日(土)〜5月25日(金)
17:25〜18:50
5月26日(土)〜6月01日(金)
20:10〜21:40 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

モネ、ゴッホ、ドガ・・・
欧州の印象派の巨匠たちに多大な影響を与えた江戸時代後期の浮世絵師「葛飾北斎」──

本作『大英博物館プレゼンツ 北斎』は2017年5月~8月にかけて大英博物館で開催された展覧会“Hokusai: Beyond the Great Wave”をフィーチャーし、展覧会の舞台裏や北斎の作品を今までにない驚くべき詳細さで体験することができる、北斎に関する映画としては初の長編ドキュメンタリーである。

同展覧会では希少な初の展示物を始め、北斎の生涯、特に肉筆画を中心に還暦以降の30年に焦点を当て、90歳まで描き続けた北斎が追い求めた世界に迫る。日本、フランス、イギリスをめぐり、最新技術で撮影された北斎に纏わる奥行きのある映像も見逃せない。

イギリス人芸術家デイヴィッド・ホックニーや新進気鋭のニューヨーク在住の日本画家・出口雄樹など、北斎という日本の偉大な巨匠の研究に情熱を燃やし、影響を受けてきた学者たちやアーティストの協力により実現した。ホックニーは“偉大な芸術家は年を重ねるごとに進化する”という北斎の信念を交えながら、その長きに渡った意欲的な芸術性の追及に迫っていく。

日本を代表する画家・葛飾北斎の全容を劇場で体感できる。

【名画は大画面で】

『大英博物館プレゼンツ 北斎』は、世界的に著名な日本の芸術家、葛飾北斎(1760-1849)をイギリスで初めて取り上げた展覧会を、映画で見られる画期的なドキュメンタリー作品だ。北斎という日本の偉大な巨匠の研究に情熱を燃やし、影響を受けてきた学者たちやアーティストたちの協力により実現した本作は、イギリス初の北斎に関するドキュメンタリーである。本編の最後には、世界五大美術館の一つである大英博物館で開催された展覧会“Hokusai: Beyond the Great Wave(北斎―大波を超えて)”をまさに独り占めの状態でじっくりと味わうことができる。案内人には美術史学者のアンドリュー・グラハム・ディクソンと共に、陶芸の現代作家グレイソン・ペリーら、アーティストたちを迎え、映画鑑賞者のために特別に作られた大画面ガイドツアーとなっている。

日本の映像技術が駆使され、北斎の作品を今までにない驚くほど隅々まで見ることができる。また、北斎の木版画や絹に描かれた絵画を再現する日本の職人技を通して、その崇高な芸術を掘り下げていく。

関連映画
「大英博物館プレゼンツ 北斎」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)