死の谷間 screen ジャック

公式サイト: http://hark3.com/shinotanima/

核汚染の末に生き残った1人の女と2人の男ー。
脆く崩れやすい人間の心理を描く緊迫のSFサスペンス!
【終了日:2019年2/1(金)※1週限定上映】

【原題】Z for Zachariah
【監督】クレイグ・ゾベル
【キャスト】マーゴット・ロビー,キウェテル・イジョフォー,クリス・パイン
2015年/アイスランド,スイス,アメリカ/98分/ハーク/DCP

1月26日(土)〜2月01日(金)
09:00〜10:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(1/22(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店にて上映期間中も販売(特典は付きません)
前売り券特典:海外ビジュアルポストカード

この谷だけが、全世界
第2のアダムとイヴに告げられる衝撃の黙示録──

地球規模の核汚染によって壊滅した世界に、唯一死の灰を免れた奇跡の谷があった。緑豊かなその谷で、地球上に残された1人の女が、かつて家族と暮らした農場で、揺るぎない信仰心に支えられ長すぎる孤独の中で生きていた。ある日、安全な場所を求めて放浪していた科学者ジョンに遭遇する。人種も考え方も異なる2人だったが、互いに支え合いながら生活していくうちに、慎み深くも濃密な“2人だけの関係”が芽生えていた。しかし、もう1人の生存者である美しい若者ケイレブが現れたことで、彼らの生活は一変する・・・。 「人間はどんなときでも理性を保っていられるのか…?」 宗教、人種、複雑な男女の三角関係――極限状態に陥った人間の心理を鋭く描写する衝撃の問題作!

地球最後の女を演じるのは、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で本年度アカデミー賞®主演女優賞にノミネートされたばかりの注目の女優マーゴット・ロビー。2人の男には、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞®やゴールデン・グローブ賞にノミネートされた実力派俳優キウェテル・イジョフォーと、『スタートレック』シリーズや『ワンダーウーマン』など話題作に出演する期待の俳優クリス・パイン。交錯する男女の欲望と孤独、複雑に揺れ動く感情を見事に表現し、地球上に取り残されたリアルな“第2のアダムとイヴ”を全力で演じている。

原作は、1976年にエドガー・アラン・ポー賞を受賞したアメリカの児童文学者ロバート・C・オブライエンの「死の影の谷(原題:Z for Zachariah)」。登場人物が2人だけだったミステリーの傑作を、イギリス人脚本家ニサール・モディが大胆に脚色。監督は『コンプライアンス 服従の心理』で追いつめられる人間の見事な心理描写が絶賛された気鋭のクレイグ・ゾベル。製作には、新進映画作家の後押しに精力的なことで知られる「スパイダーマン」シリーズの俳優トビー・マグワイアが参加している。原作のもつ緑豊かな風景はそのままに、突然現れた3人目の男の登場によって更に複雑に揺れ動く男女間の微妙な心の綾が見事に映像に収められている。

【STORY】

戦争か、事故か。死の灰に覆われ壊滅した世界に唯一、核汚染を免れた奇跡の谷(第2のエデン)があった。緑豊かなその谷には、アン・バーデン(マーゴット・ロビー)という女がたった1人、かつて家族と暮らしていた農場で強い信仰心に支えられ生きていた。相棒は、物言わぬ愛犬ファロだけ。長すぎる孤独。ひょっとして自分だけが唯一の生存者なのではないかと恐怖に震えていたある日、その男はやってきた。ジョン・ルーミス(キウェテル・イジョフォー)、安全な避難場所を求めて放浪していた科学者だ。人種も考え方も異なる2人だったが、共に生活をしていくうちに慎み深くも濃密な“2人だけの関係”が芽生え、その先に、明るい未来の兆しが見えた……が、もう1人の生存者である謎めいた美しい男ケイレブ(クリス・パイン)が現れ、彼らの生活は一変する・・・。

関連映画
「死の谷間」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)