祝福 オラとニコデムの家 screen ジャック

ポーランド、ワルシャワ。14歳の少女の切ない願いと現実に心から寄り添い、世界中のドキュメンタリー賞に輝いた傑作
【終了日:9/7(金)※8/26(日)休映】

【原題】Komunia
【監督】アンナ・ザメツカ
2016年/ポーランド/75分/ムヴィオラ/DCP

8月25日(土)
14:45〜16:00
8月27日(月)〜8月31日(金)
14:45〜16:00
9月01日(土)〜9月07日(金)
18:45〜20:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(8/21(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店にて上映期間中も販売(特典は付きません)
前売り券特典:ポストカード
*無くなり次第終了となります。

少女はこの世界に
負けないように立っている。

かたくなな少女がカメラを受け入れたとき、ドキュメンタリー史上、最も親密な映画が生まれた。

【アンナ・ザメツカ監督の寄り添うカメラがおこした奇跡。世界中の多数の賞に輝いた昨年度ベスト・ドキュメンタリーの1本。】

昨年10月に山形国際ドキュメンタリー映画祭で最高賞のロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)に輝き、ヨーロッパ映画賞も受賞。世界中の数々のドキュメンタリー賞を席巻した感動的な傑作『祝福~オラとニコデムの家~』。監督はポーランドのドキュメンタリー作家、アンナ・ザメツカ。自分自身が、この映画の少女だったと語る彼女が、その経験を重ねながら、少女の日常を撮り続けた。カメラは、少女の心の叫びを世界に伝えるための可能性であろうとし、それによって本作はドキュメンタリーの可能性をも拡げ、世界中の映画祭で賞賛された。

【オラ、14歳。ニコデム、13歳。二人は現代のヘンゼルとグレーテル。世界に負けないように立っている君たちに祝福があることを。】

ワルシャワ郊外の街セロツク。14歳の少女オラの家族は、酒で問題を抱える父親と自閉症の13歳の弟ニコデム。母親は違う男性と離れて暮らしている。家事をこなし、弟の面倒を見るのはもっぱらオラの役目だ。現実は厳しい。それはわかっている。けれど、少女は心のどこかで夢見ている。弟の初聖体式が成功すれば、もう一度家族がひとつになれると。監督はこの映画を「親に見放され、帰る家を探している現実的なヘンゼルとグレーテルの物語」という。この映画は大人に守られず必死に生きている、この世界の子どもたちへの、優しくも透徹したまなざしである。

関連映画
「祝福 オラとニコデムの家」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)