えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。 screen ジャック

公式サイト: http://gaga.ne.jp/echitetsu/

笑顔と涙を乗せて、人生が再び走り出すー。福井県の<えちぜん鉄道>を舞台に、泣いて笑える感動ドラマが日本中を駆け抜けます。
【終了日:12/14(金)】

【監督】児玉宜久
【キャスト】横澤夏子,萩原みのり,山崎銀之丞,笹野高史,松原智恵子
2018年/日本/109分/ギャガ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
11月23日(金)
13:45〜15:40
11月24日(土)〜11月30日(金)
10:40〜12:30
18:20〜20:10
12月01日(土)〜12月07日(金)
12:45〜14:35
12月08日(土)〜12月14日(金)
09:00〜10:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(11/20(火)まで)
先着来場者プレゼント:えちぜん鉄道イラストポストカード1枚(4種類からランダムに配布、絵柄は選べません)
  


パンフレットをネットショップで販売中

この街が、笑顔の始発駅。

えちぜん鉄道のアテンダント嶋田郁美さんのノンフィクション本『ローカル線ガールズ』をヒントに、数々のテレビドラマの企画・脚本を手がけた児玉宜久監督がメガホンを取り、個性派・実力派キャストが集結。
東京から故郷にUターンする主演の新人アテンダント・山咲いづみを演じるのは、お笑いタレントの横澤夏子。血の繋がらない兄・吉兵は緒形直人が熱演さらに、鍵となる役柄を笹野高史、松原智恵子のベテラン勢が扮します。また、鉄道沿線の美しい街並や観光名所が脇役となって、作品に彩りを添えています。

【STORY】

「人を笑顔にしたい」という夢を抱き、お笑いタレントを目指し福井から上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するも全く売れず解散寸前に。そんな心が折れそうな時、友人の結婚式で帰郷し、披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。
血の繋がらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、いづみは自分が養女だという心のわだかまりを抱き続けていて、吉兵との関係はギクシャクしたまま。職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続く。そんな中、列車内である出来事が起きる。
その時、いづみがとった行動は・・・
人生の行先に迷ういづみは、自分の居場所を見つけられるのか?家族の絆は取り戻せるのか・・・?

関連映画
「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)