つかのまの愛人 screen ジャック

公式サイト: http://tsukanomano.com

ひとりの男をめぐる女たちの奇妙な共犯関係。女の愛と欲望を、美しくも壮絶に描き出すフィリップ・ガレル最新作!
【終了日:2019年2/22(金)※1週限定上映】

【原題】L'amant d'un jour
【監督】フィリップ・ガレル
【キャスト】エリック・カラバカ,エステール・ガレル,ルイーズ・シュビロット
2017年/フランス/76分/コピアポア・フィルム/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
2月16日(土)〜2月22日(金)
18:00〜19:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

私の 知らない 私

【映画界を代表する名匠たちと新鋭俳優たちがつくりだした意欲作にして新たな傑作。】

不思議な妖艶さで男たちを魅了するアリアーヌ役を演じるのは、ガレルが教鞭をとる国立高等演劇学校の教え子だったルイーズ・シュヴィヨット。本作が実質的なデビュー作だが、その鮮烈な演技はカンヌ国際映画祭でも大きな賞賛を集めた。ジャンヌ役は、フィリップ・ガレルの実の娘で、話題作『君の名前で僕を呼んで』(ルカ・グァダニーノ、2017)のマルシア役で注目を集めるエステール・ガレル。そしてふたりの若い娘たちに翻弄される中年男ジル役は、『NOVO』(2002)『ソン・フレール 兄との約束』(2003)などに出演するエリック・カラヴァカ。共同脚本は、『昼顔』(1967)をはじめルイス・ブニュエルとの協働で知られるジャン=クロード・カリエール。撮影は、J=L・ゴダール、ダニエル・シュミットらの数々の名作を手がけてきたレナート・ベルタ。前2作に引き続きジャン=ルイ・オベールが音楽を手がける。長く映画界を牽引してきた名匠たちと若い俳優たちとの間でまるで化学作用のように生まれた新たな傑作。

「つかのまの愛人」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)