メアリーの総て screen ジャック

「フランケンシュタイン」の著者。メアリー・シェリー、18歳。不幸に抱かれ、死に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。
【終了日:1/11(金)※元旦1/1(火)は休館】

【原題】Mary Shelley
【監督】ハイファ・アル=マンスール
【キャスト】エル・ファニング,ダグラス・ブース,スティーブン・ディレイン,ジョアンヌ・フロガット,ベン・ハーディ
2017年/イギリス,ルクセンブルク,アメリカ/121分/ギャガ/DCP

12月15日(土)
09:00〜11:00
17:00〜19:00
12月16日(日)〜12月17日(月)
12:55〜15:05
17:00〜19:00
12月18日(火)〜12月21日(金)
09:00〜11:00
12:55〜15:05
17:00〜19:00
12月22日(土)〜12月28日(金)
10:50〜12:50
19:15〜21:15 [レイト]
12月29日(土)〜12月31日(月)
14:40〜16:40
1月02日(水)〜1月04日(金)
14:40〜16:40
1月05日(土)〜1月11日(金)
12:45〜14:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
前売券A(宇野亜喜良書き下ろし)ネットショップ
前売券B(ポスタービジュアル)ネットショップ
※ネットショップは12/11(火)までの販売

19世紀、イギリス。
可憐で聡明なメアリーが世にも恐ろしい怪物を誕生させるまでの哀しくも美しい人生とは─?

【「フランケンシュタイン」誕生から200年─いま初めて明かされる衝撃の真実】

200年もの間、愛され続けてきた「フランケンシュタイン」。ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら今世紀の鬼才たちにも絶大な影響を与えた、ゴシック小説の金字塔だ。恐ろしい〈怪物〉の物語を描いたのは、当時18歳のメアリー・シェリー。
「高慢と偏見」「ジェーン・エア」作者らと並び、英文学史に名を残す女流作家でありながら、これまでヴェールに包まれてきた彼女の波乱に満ちた人生が、初めて映画化された。

【エル・ファニングが現代に蘇らせる、哀しみと涙から傑作を紡いだ、時代を超えるヒロイン】

可憐で聡明、そして不幸であるほど才能が開花してゆくメアリーに魂を吹き込んだのは、いま最も世界から注目を受ける女優、エル・ファニング。
メアリーの生き様に感銘を受け、極上の映像美と共にスクリーンに焼き付けたのは『少女は自転車にのって』で各国の批評家から絶賛を浴びた、サウジアラビア初の女性映画監督。後に名作「吸血鬼」も生んだ、文学史を変えた伝説の一夜「ディオダティ荘の怪奇談義」も描かれる。

19世紀イギリス、道ならぬ恋、愛と放蕩、我が子の死──。
なぜ彼女は愛を乞う孤独な〈怪物〉を産み落としたのか?
観る者の胸に深く突き刺さってやまない、メアリーの哀しくも美しい人生が明かされる─。

【フランケンシュタイン】

1818年1月1日にメアリー・シェリーが匿名で出版したゴシック小説。SF小説の元祖とする評価も。出版から200年経ってなお(2018年現在)、映画・演劇・小説等で、本書を原案とする創作が続けられている。
孤独な怪物の愛と哀しみを描いた、不朽の名作。

「メアリーの総て」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)