バスキア、10代最後のとき screen ジャック

NYの現代アーティスト、バスキアの死から30年、彼の生きざまに迫るドキュメンタリー
【終了日:2019年3/8(金)】

【原題】Boom for Real: The Late Teenage Years of Jean-Michel Basquiat
【監督】サラ・ドライバー
【キャスト】ジャン=ミシェル・バスキア,アレクシス・アドラー,リー・キュノネス,ファブ・5・フレディ,アル・ディアス
2017年/アメリカ/79分/セテラ・インターナショナル/DCP

2月23日(土)〜3月01日(金)
21:55〜23:15 [レイト]
3月02日(土)〜3月08日(金)
15:05〜16:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

バスキア×クレイジー・ニューヨーク

【没後30年の今、その絵の価値はダ・ヴィンチ、ピカソに匹敵する天才アーティストの秘密に迫る】

アンディ・ウォーホルにインスピレーションを与え、一流のアート・コレクターでもあるデヴィッド・ボウイのコレクションにも名を連ねた、ジャン=ミシェル・バスキア。27歳という若さでこの世を去ってから、30年。大回顧展「ブーム・フォー・リアル」も世界を巡回中で、新たな熱狂を巻き起こしている。同じ時代をNYで過ごした『豚が飛ぶとき』のサラ・ドライバー監督が、アートなカッコいい映像や音楽と共に、真実のストーリーを紡ぐ。誰でもアーティストになれるチャンスがある今、バスキアとNYを体験し、夢を叶える力や本物を見極める目を受け取ろう─。

【70年代末~80年代のNYの刺激的なカルチャー 秘蔵のバスキア・コレクションがヴェールを脱ぐ!】

無法地帯と化した70年代末~80年代のNYには、既成概念を覆す新たなムーブメントが溢れていた。アーティストのファブ・5・フレディ、映画監督ジム・ジャームッシュ、『プラダを着た悪魔』の衣装デザイナーパトリシア・フィールドらが当時のNYやバスキアについて熱く語る。元恋人が所有していた秘蔵作品も映画で初披露。
部屋の冷蔵庫、壁、ドア、洋服、そして外のゴミまでがアートに変わる様子や、創作中のバスキアも登場。ジャンルを超え縦横無尽につながる活動、コラージュからドローイングへと次々と手法を変え、遂にキャンバスへと至る変化が楽しめる貴重な映像も満載だ。

【ストリートから“アートシーンのスターへ”20世紀で最も重要なアーティストはどのように生まれたのか?】

1978年、イースト・ヴィレッジで路上生活をしながら、友人の家のソファで寝ていた18歳の青年がいた。破錠し暴力に溢れた70年代末~「80年代のNYには、バスキアの心を動かし、触発したムーブメントがあった。政治や人種問題、ヒップホップ、パンクロック、ジャズ、ファッション、文学、アート…それらのすべてが彼をアーティストとして育てていく。名声を得る前のバスキアの生活、NYとその時代、そしてどのように天才アーティストは生まれたのか?
没後30年の今、その秘密に迫る

関連映画
「バスキア、10代最後のとき」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)