ビール・ストリートの恋人たち screen ジャック

本年度アカデミー賞®受賞(助演女優 レジーナ・キング)!『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督最新作
【終了日:2019年4/26(金)】

【原題】If Beale Street Could Talk
【監督】バリー・ジェンキンス
【キャスト】キキ・レイン,ステファン・ジェームス,コールマン・ドミンゴ,テヨナ・パリス,マイケル・ビーチ
2018年/アメリカ/119分/ロングライド/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
4月13日(土)〜4月19日(金)
17:15〜19:30
4月20日(土)〜4月26日(金)
08:55〜11:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

この愛に、世界中が絶賛の嵐
本年度アカデミー賞®大本命!

【『ムーンライト』監督最新作
愛よりも、もっと深い“運命”で結ばれた恋人たちのラブ・ストーリー】

前作『ムーン・ライト』で、『ラ・ラ・ランド』を抑え見事アカデミー賞®作品賞を受賞したバリー・ジェンキンス監督。
彼が再び、かけがえのない愛と希望に満ち溢れた物語で、映画史に刻まれる傑作を誕生させた。1970年代、ニューヨーク。幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた19歳のティッシュと22歳の恋人ファニー。互いに運命の相手を見出し幸せな日々を送っていたある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。二人の愛を守るため、ティッシュとその家族はファニーを助け出そうと奔走するが、様々な困難が待ち受けていた・・・。この試練を乗り越え、恋人たちは互いの腕の中に帰ることが出来るだろうか。どんなに困難な状況にあっても、決して愛を諦めない、運命で結ばれた二人の姿は、時代を超え普遍的な愛と希望のメッセージで世界中を感動の渦で包み込んでいる。
すでに数々の映画賞を席巻。映画史を変えた前作から再び、本年度アカデミー賞®も最有力視される新たな恋愛映画の金字塔を見逃してはならない。

「ビール・ストリートの恋人たち」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)