風をつかまえた少年 screen ジャック

公式サイト: https://longride.jp/kaze/

14歳の少年は荒れ果てた土地の真ん中で、いかにして電気と未来を手に入れたのか?
世界を感動で包んだベストセラーを映画化!
【終了日:2019年9/19(木)】

【原題】The Boy Who Harnessed the Wind
【監督】キウェテル・イジョフォー
【キャスト】マックスウェル・シンバ,キウェテル・イジョフォー,アイサ・マイガ,リリー・バンダ,レモハン・ツィパ
2018年/イギリス,マラウイ/113分/ロングライド/DCP

混み合います。満席にはなりませんが、
ご入場が後になると、お席が選びづらくなります。
8月31日(土)〜9月06日(金)
11:15〜13:10
9月07日(土)〜9月13日(金)
08:45〜10:40
9月14日(土)〜9月19日(木)
11:10〜13:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

図書館で見つけた一冊の本を元に
電気を起こす風車で
村を救った少年の奇跡の実話

【ひたむきな姿が学ぶことの大切さを伝えてくれる】

2010年に日本でも出版された1冊のノンフィクションが、世界中を驚かせ、興奮させた。中等学校を退学になった14歳の少年が、当時人口のわずか2%しか電気を使うことが出来ない、世界で最も貧しい国のひとつアフリカのマラウイで、自分の頭脳と手だけを頼りに発電することに成功したのだ。彼は家族と村の人々を救うだけでなく、大学へ進学し、2013年にタイム誌の「世界を変える30人」に選ばれるという素晴らしい人生も手に入れた。この現代の奇跡に感銘を受けた、『それでも夜は明ける』の名優キウェテル・イジョフォーが、10年の歳月をかけて初監督作品として映画化を実現。2019年、サンダンス映画祭、ベルリン国際映画祭と立て続けに公式上映され熱い喝采を浴び、NYのプレミア試写会では、国連難民高等弁務官事務所特使も務める、名女優アンジェリーナ・ジョリーからも絶賛された。

学ぶことが、未来を切り開き、人生を豊かにしてくれる。それは子どもたちだけではなく、私たちのすべての人々が生涯を通し忘れてはならないことなのだと少年が教えてくれる、奇跡の実話。

【STORY】

2001年、アフリカの最貧国のひとつマラウイを大干ばつが襲う。14歳のウィリアムは飢餓による貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で一冊の本と出会い、独学で風力発電のできる風車をつくり、乾いた畑に水を引くことを思いつく。いまだに祈りで雨を降らせようとする村で、最愛の父でさえウィリアムの言葉に耳を貸さない。それでも家族を助けたいという彼のまっすぐな想いが、徐々に周りを動かし始める──。

「風をつかまえた少年」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)