パリの恋人たち screen ベティ

公式サイト: http://senlis.co.jp/parikoi/

これぞパリの恋愛模様!1 人の男と 2 人の女。揺れる恋の結末は―心にやさしいかすり傷を残すフランス流大人のラブストーリー
【終了日:2020年1/24(金)】

【原題】L'homme fidele
【監督】ルイ・ガレル
【キャスト】ルイ・ガレル,レティシア・カスタ,リリー=ローズ・デップ,ジョゼフ・エンゲル
2018年/フランス/75分/サンリス/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
1月11日(土)〜1月17日(金)
15:35〜16:50
1月18日(土)〜1月24日(金)
21:00〜22:15 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ(1/7(火)まで)
前売り券特典:トートバック
*無くなり次第終了となります

パリが恋をさせる──

監督・主演は、フランスの名匠フィリップ・ガレルの息子で、俳優としてセザール賞に4度ノミネート、1度受賞したルイ・ガレル。ベルナルド・ベルトルッチ、ジェーン・バーキン、クリストフ・オノレやジャック・ドワイヨンら世界のカルチャーを担うアーティストたちに愛されてきた、名実ともにフランス映画界きってのサラブレッドだ。二人の女性からのどんな理不尽な要求も受け入れてしまうアベルを、「何度も生まれ変わる“いたいけな人”をイメージしました。降りかかる災難をすべて楽しんでしまう人」と解釈したと語り、全女性をくすっと笑わせ、心を和ませてくれる、愛されキャラの主人公に作り上げた。

マリアンヌには、実生活でもルイ・ガレルのパートナーであるレティシア・カスタ。ヴィクトリアズ・シークレットをはじめ100以上の雑誌のカヴァーを飾り、ラルフ・ローレンやイヴ・サンローランなどハイブランドのモデルとして絶大な人気を誇り、その時代を象徴する美女を選んで作られ、フランス全土の市庁舎に設置されるマリアンヌ像のモデルにもなった女優だ。
また、妖艶な大人の魅惑を放つマリアンヌに対し、天使と小悪魔の両極端の魅力でアベルを翻弄するエヴには、今や世界の若者たちのカルチャーアイコンとなったリリー=ローズ・デップ。いわずと知れたジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの愛娘で、シャネルのモデルとしても活躍中。本作では初恋のときめきとあやうさを鮮烈に演じ切った。最新モードとトラッドを絶妙に織り交ぜた、エレガントなパリジェンヌファッションも見逃せない。

パリの街角で迷子になった、女と男の素直に表せない想いの行く先は──? 数えきれないほどの恋愛映画を観てきたあなたにこそ贈りたい、花束のように美しくも愛おしいサプライズの詰まった大人のラブストーリー。

【story】

ジャーナリストのアベル(ルイ・ガレル)は、3年近く同居している恋人のマリアンヌ(レティシア・カスタ)から、「妊娠したの」と告げられ喜ぶが、「あなたじゃない」のまさかの一言で別れることになる。よりによって相手はアベルの友達のポールで、彼の家族にも祝福され、二人は結婚するという。
数年後、ポールの訃報が届く。彼の告別式で再会したマリアンヌの傍らには、息子のジョゼフがいた。悲しみに沈むマリアンヌの姿を見て、アベルは彼女への想いが消えていないことに気づくのだった。そんなアベルを食い入るように見つめているのは、ポールの妹のエヴ(リリー=ローズ・デップ)だ。少女の頃からアベルに夢中なイヴも、すっかり成長していた。
2週間後、マリアンヌからの電話を受け取り、食事に出かけたアベルは、「もう一度、一緒に暮らすのはどう?」という提案を、まだ早すぎると飲み込み、外務省の広報アドバイザーをしているというマリアンヌの話に聞き入る。帰り道でマリアンヌのアパルトマンに立ち寄ると、ジョゼフがアベルに「ママがパパを殺した」と耳打ちする。毒殺したけれど、ママが医師と浮気して、もみ消したというのだ。
子供の気まぐれな嘘だと信じようとしたが、疑惑の念は消しきれず、医師を訪ねるアベル。友人のポールが、なぜ死んだかと気になってというアベルの質問に、「睡眠中の心臓マヒです」と答える医師は、かなり胡散臭い男で、何かを隠しているようにも見えた。
ある夜、マリアンヌとジョゼフと3人で映画を観た帰り、アベルはマリアンヌのアパルトマンに泊まり、そのまま同居することになる。だが、母親を取られたと思ったジョゼフは反抗的で、アベルも一度は捨てられたわだかまりが消えたわけではなく、3人の間には微妙な緊張感が漂っていた。そんな中、マリアンヌがなぜポールを選んだか、耳を疑う理由を打ち明ける。

互いの本心を探り合うアベルとマリアンヌに、いきなり嵐が降りかかる。エヴがマリアンヌには「アベルが欲しい。愛してないでしょ?」と詰め寄り、アベルにも「私にはあなた以外の男は存在しない」と告白したのだ。もし断ったら、「戦争よ」とエヴに宣言されたマリアンヌは、アベルに驚くべき“提案”をするのだが──。

「パリの恋人たち」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)