がんと生きる 言葉の処方箋 screen ジャック

がんに悩む人々が元気になるその瞬間、映画空間が明るく人々に語りかける。病に苦しむ全ての人々に贈る映画。
【終了日:2020年3/27(金)※1週間限定上映】

【監督】野澤和之
【キャスト】樋野興夫,宗本義則,春日井いつ子,齋藤智恵美

3月21日(土)〜3月27日(金)
13:05〜14:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ(3/17(火)まで)
有隣堂伊勢佐木町本店にて上映期間中も販売
*有隣堂での販売は売り切れの場合、販売終了となります。何卒ご理解の程お願いいたします
3/21(土)野澤和之監督による舞台挨拶とサイン会あり
3/25(水)樋野興夫先生による舞台挨拶とサイン会あり

副作用はゼロ!
この映画は人生を変える「言葉の処方箋」です。

順天堂大学 名誉教授の樋野先生が提唱する医学と哲学を結びつけた「がん哲学外来」。がん患者の苦しみを言葉で癒す「言葉の処方箋」を処方する「がん哲学外来」から生まれた「がん哲学外来メディカル・カフェ」を舞台にしたドキュメンタリー。

「言葉の処方箋」は副作用ゼロ、おまけにお金もかからない。

「メディカル・カフェ」は、患者達が対話し、苦しみや悩みを分かち合い、病気と向き合う場として生まれた交流の場。がんにかかっても明るく生きる4人の姿を通して、がんとともに生きる人への勇気や人生の希望を見出だしていく。
がんを患っている方々やその家族に限らず、全ての病気や悩みを抱える人たちへの「言葉の処方箋」が散りばめられている。

<映画の中での言葉の処方箋>
・解決できなくとても解消はできる
・マイナス×マイナス=プラス​ マイナスの人間同士が集まればプラスに変わることができる
・あなたはそこにいるだけで価値がある存在
・病気は人生の夏休み
・生きている限り、人には使命がある
・問題は寿命の長さではなく何をしたか
・がんも病気も個性の一つです
・使命感があれば寿命は延びる
・全力を尽くして心の中でそっと心配する、どうせなるようにならないから

「がんと生きる 言葉の処方箋」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)