ホドロフスキーのサイコマジック screen ベティ

91歳、ホドロフスキー監督の集大成。これまで創り上げてきた作品が、いかに“サイコマジック”であったかを証明する。
【終了日:2020年7/16(木)】

【原題】Psychomagie, un art pour guerir
【監督】アレハンドロ・ホドロフスキー
【キャスト】アレハンドロ・ホドロフスキー,アルチュール・アッシュ
2019年/フランス/104分/アップリンク/

オンラインチケット購入はこちら
6月27日(土)〜7月03日(金)
15:30〜17:15
7月04日(土)〜7月10日(金)
09:05〜10:50
7月11日(土)〜7月16日(木)
21:15〜23:00 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

言葉を超越した癒し
究極の映画体験──

「サイコマジック」とはホドロフスキーが考案した心理療法である。本作では自身のこれまでの作品での映像表現が、いかに「サイコマジック」という技法によって貫かれているかを解き明かしていく。実際にホドロフスキーのもとに悩み相談に訪れた10組の人々が出演し、「サイコマジック」がどのように実践され、作用しているのかを描く。
ホドロフスキーは、自身をフロイトと対置した上で、「サイコマジック」は科学が基礎とされる精神分析的なセラピーではなく、アートとしてのアプローチから生まれたセラピーであると語る。長年にわたり個人のトラウマに応答する一方、本作後半で社会的な実践「ソーシャル・サイコマジック」を展開する様子は圧巻!

【ABOUT PSYCHOMAGIC
アレハンドロ・ホドロフスキー著『MANUAL OF PSYCHOMAGIC』序文より抜粋。】

精神分析とは、言葉を使って心の傷を癒やすことだ。“患者”という名の相談者は椅子やソファに座り、精神分析医が患者に触れることはない。彼や彼女の辛い症状から解放されるために、彼らが求められることは、夢を思い出すことであり、過去の失敗や事故に焦点を当て、 言葉を意志から引き離して、心に浮かぶままに任せて、書き出すことを求められる。長い混乱した独白の後、セラピストは患者の記憶の奥底に眠っていたものを蘇らせる。
無意識て発せられたメッセージを合理的な筋道に変換することで患者の治癒を助ける精神分析医は、患者が自身の症状の原因を発見しさえすれば、患者はそれらを排除できると思いこんでいる。しかし、ことはそこでは終わらない。無意識の衝動が現れた時、その衝動を満たすことでのみ 、開放することができるのだ。
サイコマジックは話すだけでなく、行動を起こすことを提唱している。相談者は精神分析の方法論とは正反対な道を辿り、無意識に合理的な言語を話すことを強いるのではなく、言葉だけではなく、行動やイメージ、音、臭い、味、触覚などで構成されている無意識の言語があることを学んでいく。無意識というのは、記号的な、あるいは隠喩的な不確かなものを許容することができる。

関連映画
「ホドロフスキーのサイコマジック」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)