どうしようもない僕のちっぽけな世界は、 screen ジャック

本作品の公開予定:時期未定(7月下旬以降)

公式サイト: https://doushiyoumonai.jp/

劇団 オーストラ・マコンドー主宰の演出家倉本朋幸による映画初監督作品

【監督】倉本朋幸
【キャスト】郭智博,古田結凪,和希沙也,冨手麻妙,美保純,カトウシンスケ,後藤剛範,梅舟惟永,田中隆三,渡辺真起子
2019年/日本/87分/Nabura/DCP

オンラインチケット購入はこちら

絶対絶対生きて生きて生きていいんだ

この作品が出来た時、生まれて初めてこれは僕だと思いました。
これが倉本朋幸です。と誰がなんと言おうが言える。
実際この映画に出てくることのほとんどは実話です。
だけど僕の実話ではありません。ただ本当にこれは僕だと思いました。
中途半端に人生を生き中途半端な覚悟で父になり、中途半端になんとか嘘をつき続けて、
なんとか色々な人に助けられて調子良く生きている。
世の中の大半の人は一生懸命生きていらっしゃる。
僕みたいな中途半端な人間はほとんどいない。
だからこそ、そういう人間がここにいるのだと。
ここに生きているのだと。
僕は僕を肯定したかった、全否定したかった。
つまり、僕のことを嫌いな人は嫌いだろうし、
僕のことを好きになってくれる人は好きになってくれる。
本当に何にも考えず、正直にこれが僕ですと言える作品です。
この映画を見て「これは僕だ」って、
大多数じゃなく、心底そう思ってくれる人のためにこの映画を作ります。
大丈夫。絶対中途半端な俺たちだって、
今日も明日も明後日も来年も、きっときっと生きていける。
生きていいんだ。
絶対絶対生きて生きて生きていいんだ。

監督 倉本朋幸


劇団 オーストラ・マコンドー主宰の演出家倉本朋幸による映画初監督作品

オーストラ・マコンドーとは、2010年に倉本朋幸を中心に結成された演劇プロデュース・ユニット。小劇場演劇の枠に全く入り切らないスケール感と、「次に何を繰り出すか予測不可能」な要素が無二の存在感を際立たせている。 より多くの人々が演劇を通して人生を豊かに、幸せなものになって欲しい。 その想いが創作に挑む原動力となっている。
旗揚公演では岡田利規『三月の5日間』を赤坂REDシアターにて上演し、4桁動員という滑り出しを飾る。その後様々なジャンルに題材を求め、2012年にはTOKYO FM HALL にて舞城王太郎『好き好き大好き超愛してる。』を、2013年にはフランク・キャプラの名作映画『素晴らしき哉、人生!』を上演し、様々な方面からの注目と評価を得る。
また、意欲作であるオリジナル作品『トーキョービッチ, アイラブユー』は映画化され、第14回東京フィルメックスにて、スペシャル・メンションを授与された。 多くの公演で実績を重ねてきた確かな演出力で、初のオリジナル長編映画作品に挑む。


(C)TOM company

「どうしようもない僕のちっぽけな世界は、」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)