ダーク・ブラッド screen ジャック

公式サイト: http://www.dark-blood.com/

23歳で夭逝したリヴァー・フェニックス幻の遺作が鮮やかによみえがえる!

【原題】Dark Blood
【監督】ジョルジュ・シュルイツァー
【キャスト】リバー・フェニックス,ジュディ・デイビス,ジョナサン・プライス
2012年/アメリカ,イギリス,オランダ/86分/マジックアワー/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
6月07日(土)〜6月13日(金)
14:25〜16:00
20:50〜22:15 [レイト]
6月14日(土)〜6月20日(金)
12:10〜13:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ
前売り券特典:ミニポスター(※数量限定/なおポストカードセットは終了しました)
パンフレットをネットショップで販売中

没後20年を迎え、不死鳥のように銀幕へ舞い戻った───伝説的スター俳優リヴァ―・フェニックス
「スタンド・バイ・ミー」「マイ・プライベート・アイダホ」など名作の数々で天性の輝きを放ち、キアヌ・リーヴス、ジョニー・デップの良き友人で、レオナルド・ディカプリオが憧れた───彼の最期のメッセージが、遂に日本劇場公開!!!

誰も観たことのないリヴァーがここに!新たに蘇った彼の魅力に私たちは心を揺り動かされ、また恋をする──。

23歳の若さでこの世を去ってからも、その類い稀なる才能で今なお世界中を魅了し続けている俳優、リヴァー・フェニックス。人気絶頂の最中、1993年10月31日、ジョニー・デップが共同所有者のひとりであったザ・ヴァイパー・ルームの入り口付近で薬物中毒で倒れる。時代を象徴するスターの早すぎる死は、俳優仲間から各国のファンまで、全世界の人々に大きな悲しみと衝撃を与えた。
この悲劇により、撮影途中だった映画『ダーク・ブラッド』は長い間お蔵入り。だが、映画の運命は再び動き出す。2007年に大病を患い余命わずかと宣告されたジョルジュ・シュルイツァー監督は、キャリア最後の作品として本作の再開を決意。監督自らが大事に保管していたフィルムの権利問題や未撮影シーンの再現など、様々な影を乗り越え2012年に完成した映画は、ちょうどリヴァーの没後20周年を迎えた2013年、ベルリン国際映画祭ほか世界各地の映画祭で喝采を浴び、改めてリヴァーの唯一無二の存在感を現代の観客に印象付けることとなった。

アイドルから大人の俳優へと成長したリヴァー・フェニックスが、それまでのイメージを打ち破るダークで深遠な役柄、テーマに挑んだ意欲作『ダーク・ブラッド』。彼が演じるのは、無人の荒野にたった一人で暮らしている青年ボーイ。美しい人妻との出会いをきっかけに、理想の愛を求め、狂気と正気の狭間に堕ちていく姿を、他の作品では見せたことのない精悍で研ぎ澄まされた佇まいで体現しています。さらに、ウディ・アレン監督作品の常連女優ジュディ・デイヴィス、『未来世紀ブラジル』のジョナサン・プライスという二人の名優との共演も見逃せない。

関連映画
「ダーク・ブラッド」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)