ピクニック デジタルリマスター版 screen ベティ

父ルノワールから受け継がれた美の神髄。
奇跡の映画が待望の日本公開!★一律1000円

【原題】Partie de campagne
【監督】ジャン・ルノワール
【キャスト】シルビア・バタイユ,ジャーヌ・マルカン,アンドレ・ガブリエロ,ジャック・ボレル,ジョルジュ・ダルヌー
1936年/フランス/40分/クレストインターナショナル /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
7月11日(土)〜7月17日(金)
13:15〜13:55
19:40〜20:25 [レイト]
7月18日(土)〜7月24日(金)
17:40〜18:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
会員 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
※チケット料金は一律1000円(サービスデー・会員・シニア等の割引はございません)
前売り券を1,000円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(7/7(火)まで)
前売り券特典:ポストカード型の前売券となっています。ご使用時は印を押してご返却します。
パンフレットをネットショップで販売中

光が踊っている_印象派の画家、父ルノワールから受け継がれた美の神髄。
祝福を受けたかけがえのない一日。

【リマスター版による印象派の絵が動きだしたかのような美しい映像。】
画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの息子であるジャン・ルノワール監督の『ピクニック』は印象派絵画を越える美しさにあふれた奇跡の映画だ。
白黒でありながら父が残した絵画が動き出したかのように、樹木の色や水面の輝き、そして光の諧調までも鮮明に見えてくる。
デジタルの鮮明なカラーとは違う豊かな色彩のイメージが脳内に広がっていく、抒情と官能に満ちたルノワール映画の真髄。

【出会いと別れ。喜びと悲しみ。調和と崩壊。
人生に起こるドラマのすべてが凝縮された40分】
人間が自然の中で開かれていく。そのシンプルな幸せを美しく見せるだけでなく、一瞬の愛のきらめきを得ながらも結ばれることのない男女のドラマから、人生の歓びや切なさが浮き彫りになっていく。
祝福に包まれたかけがえのない一日が川に浮かぶ泡沫のように消えていくラストには胸が熱くなる。

【戦争の悲劇から奇跡的に生還した幸運な映画】
1936年に撮影された映画のプリントは完成を待つ前に大戦が勃発しドイツ軍によって破棄。ところがオリジナルネガはシネマテーク・フランセーズの創設者アンリ・ラングロワによって救出されていた。そしてプロデューサーのピエール・ブロンベルジェの執念により、当時アメリカへ亡命していたジャン・ルノワール監督の了承を得て編集作業が進められついに完成、1946年にパリで公開となる。
こうして戦争の惨禍を超える幸運と情熱を得た『ピクニック』。
数奇な運命を経て、この至福の映画のリマスター版が戦後70年を記念して日本でも公開となる。


【映画史上最大級の作家ルノワールのもとに集まった若き巨人たち】
トリュフォー、ゴダールをはじめヌーヴェル・ヴァーグの作家たちから映画の父として敬愛されたジャン・ルノワール。本作でも助監督には、アンリ・カルティエ=ブレッソン(スチール写真も担当)やジャック・ベッケル、ルキーノ・ヴィスコンティらそうそうたる名前が並ぶ。ヒロインを演じたのは、当時ジョルジュ・バタイユ夫人であったシルヴィア・バタイユ。撮影は印象派の画家たちが愛したパリ郊外で行われ、バタイユも飛び入りで参加するなど今では考えられないような豪華な製作現場だった。

【STORY】
夏のある晴れた日。
輝く太陽、匂い立つ草、穏やかな水面、幸せなピクニックの一日はきらきらと輝いていた。
結婚を控えた娘アンリエットは自然に導かれるように、現地で出会った青年アンリと結ばれる。永遠に消えることのない一瞬の輝き。
そして待ち受ける別れと再会。
人生のすべてと美が結晶した奇跡の映画。

「ピクニック デジタルリマスター版」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)