ふたつのシルエット screen ベティ

『今、僕は』『蜃気楼の舟』の竹馬靖具監督、最新作! jan and naomiの楽曲から生まれたファンタジック・ラブストーリー
【終了日:2020年12月31日(木)】

【監督】竹馬靖具
【キャスト】佐藤蛍,足立智充,jan,naomi
2020年/日本/37分/chiyuwfilm/

オンラインチケット購入はこちら
12月19日(土)〜12月25日(金)
18:05〜18:50
12月26日(土)〜12月31日(木)
19:20〜20:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,300 ¥1,100 ¥1,100
会員 ¥1,100 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,000円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
有隣堂伊勢佐木町本店にて上映期間中も販売
※有隣堂での販売は売り切れの場合、販売終了となります。何卒ご理解の程お願いいたします


※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。

・12/19(土)18:05回上映後、
 竹馬靖具監督の初日舞台挨拶あり

・12/26(土)19:20回上映後、
 竹馬靖具監督の舞台挨拶あり

ずっと君を忘れてきた──

儚く切ないメロディーセンスで多くのアーティストから熱烈な支持を受けるjan and naomiの楽曲「dab♭」からインスピレーションを得て竹馬監督が書き上げた脚本を、蜷川演出の舞台に多数出演し、2014年にはシェイクスピアシリーズ第30弾「リチャード二世」でヒロインをつとめた佐藤蛍と、映画『お嬢さん』(パク・チャヌク)、『きみの鳥はうたえる』(三宅唱)などへの出演をはじめ、TVや舞台でも活躍中の足立智充を主演に迎え映画化。撮影はヨコハマ映画祭・撮影賞を二度受賞している佐々木靖之(『寝ても覚めても』『パークス』)さらにjan and naomiはテーマ曲での参加だけでなく、自身らの役として出演。

【story】

恋人関係であった佳苗(佐藤蛍)と慧也(足立智充)は、7年ぶりに海沿いのレストランで再開する。その街はふたりが恋人だった時に訪れた最後の場所であった。慧也は結婚をして妻と娘を持つ家庭を築いていた。佳苗は慧也と別れたあと、就職をして苦難の末にキャリアを築き、今は恋人に結婚を申し込まれている。

一見ふたりは順調そうに見えるのだが、思わぬ再開をしてしまい戸惑いと躊躇いが生まれてしまう。ふたりは再会を懐かしみ、今と過去と未来の話を始める。やがてふたりは、時を超えて今の自分から、過去の相手とも会話を始め、そしてある「選択」を迫られるのであった・・・

関連映画
「ふたつのシルエット」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)