女優 原田ヒサ子 screen ジャック

公式サイト: https://www.haradahisako.com

女優 原田美枝子が母のために作り上げたドキュメンタリー。老いを見守る家族それぞれに、愛おしい物語がある。
【終了日:未定】

【監督】原田美枝子
【キャスト】原田ヒサ子,石橋大河,石橋エマニュエル,優河
2019年/日本/24分/DCP

オンラインチケット購入はこちら
12月05日(土)〜12月11日(金)
15:05〜15:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
会員 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
12/5(土)15:05回上映後、
原田美枝子 さん(制作・撮影・編集・監督)
による初日舞台挨拶開催

★舞台挨拶回チケットは、オンライン・劇場窓口ともに、3日前の12/2(水)より発売。

原田美枝子の母ヒサ子、90歳の女優デビュー

【女優 原田美枝子が、自ら制作・撮影・編集・監督を手掛け、母のために作り上げたドキュメンタリー。老いを見守る家族それぞれに、愛おしい物語がある。】

認知症が進み、まるで我が事のように娘の人生を語りだした、女優・原田美枝子の母、ヒサ子。認知症の人は、自分が一番輝いていた時代に戻ることが多いけれど、自分以外の人の記憶を語るということは珍しいという。母の記憶が娘の人生とオーバーラップしていることに驚いた美枝子は、母の人生を振り返り、母の心の中に残されていた夢を叶えようと思い立つ。
15歳から女優として、黒澤明、増村保造、勝新太郎、深作欣二、平山秀幸といった錚々たる映画監督の作品に出演し、45年もの間カメラの前に立ってきた美枝子が、初めてカメラの後ろから母を見つめる。そこに映し出されたのは、娘と一心同体で生きてきたヒサ子の時間。スクリーンを通してそれを共有し、私たちはそれぞれの人生を振り返る。
美枝子の長男の石橋大河(VFXアーティスト)、長女の優河(シンガーソングライター)、次女の石橋静河(女優)ら孫たちをはじめ、母ヒサ子の映画を作る美枝子の思いに賛同する人々が協力し、90歳の女優デビューとなる撮影のカチンコボードが叩かれた――

【『私ね、15の時から、女優やってるの。』】

私の母、原田ヒサ子。 認知症が進んで、一人暮らしができなくなり、今は、介護施設でお世話になっている。
数年前、体調を崩して入院した。病院のベッドで、母が突然こう言った。
『私ね、15の時から、女優やってるの。』
私はとても驚いてしまった。
何故なら、15の時から女優をやっているのは、母ではなく、私なのだから。
母、ヒサ子は、昭和4年生まれ。10代で第二次世界大戦を経験し、20代で、オフセット印刷工の、原田喜代和と結婚。
高度成長期には、パートで働きながら3人の子供を育ててきた。
子供は、親の気持ちなど知らずに育つ。
親は、子供と一心同体になって生きてきた。我が事のように、娘の人生を語る母。
“女優”とは? その苦労とは?
“私”は、ふと思い立つ。
“母”を女優として、ワンカットでも撮影して、映画として公開したら、“母”は、“女優”になれる、と。
母の中に、女優として生きてみたかったという思いがあったとするなら、その夢を現実にしてみよう。
母に育ててもらった娘と孫たちが、 “おばあちゃん”を、“女優”として撮影する。
そして、カメラが映し出したのは…。

「女優 原田ヒサ子」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)