Our Friend アワー・フレンド screen ベティ

公式サイト: https://our-friend-movie.com

ケイシー・アフレックほか、アカデミー賞 キャスト&スタッフが贈る心揺さぶる希望の実話
【終了日:2021年11/11(木)】

【原題】Our Friend
【監督】ガブリエラ・カウパースウェイト
【キャスト】ケイシー・アフレック,ダコタ・ジョンソン
2019年/アメリカ/126分/STAR CHANNEL MOVIES/DCP

オンラインチケット購入はこちら
10月15日(金)
13:15〜15:25
19:15〜21:20 [レイト]
10月16日(土)〜10月22日(金)
13:00〜15:10
19:05〜21:10 [レイト]
10月23日(土)〜10月29日(金)
11:10〜13:20
20:55〜23:00 [レイト]
10月30日(土)〜11月05日(金)
16:35〜18:50
11月06日(土)〜11月11日(木)
21:00〜23:05 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

人生はフェアじゃない。だけど美しい。

 2015年、かつてヘミングウェイやフィッツジェラルドも寄稿した一流雑誌「Esquire」に掲載され、栄えある全米雑誌賞を受賞したエッセーを映画化。余命宣告を受けた妻と彼女の夫が、親友の献身的な助けを得て、愛と友情という言葉ではとても語りきれない絆を結び、限られた時間をかけがえのない日々に変えていく──
 本作の原作者でもあるマット役には『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でオスカーを獲得したケイシー・アフレック。彼の妻ニコル役に『フィフティ・シェイズ』シリーズで一躍注目を浴び、その後も『サスペリア』等幅広い作品で活躍するダコタ・ジョンソン、そして2人の親友デイン役には、多くのコメディ作品に出演し幅広い演技に定評のあるジェイソン・シーゲル。名実ともにキャリアを積み上げてきた実力派3人が実話に基づいた役を見事に演じきった。監督はドキュメンタリー映画で高く評価され、英国アカデミー賞ノミネート経験のあるガブリエラ・カウパースウェイト。そのほか『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』など多くのアカデミー賞®作品を生み出しているプロデューサー陣、さらに『オデッセイ』をはじめ常に賞レースに名を連ねる巨匠リドリー・スコットもエグゼクティブ・プロデューサーとして加わり、誰の心にも寄り添う珠玉の作品が誕生した。全米最大の映画レビューサイトRotten Tomatoesの観客スコアでは95%(2021年8月12日時点)の支持を集めている。
 どんな運命を与えられたとしても、私たちにはそれを美しいストーリーに変える力があると伝えてくれる、切なくも温かく心に迫る、人生に秘められた真実の物語。

【STORY】
仕事に打ち込むジャーナリストのマットと妻で舞台女優のニコルは、2人の幼い娘を育てながら毎日を懸命に生きていた。だが、ニコルが末期がんの宣告を受けた日から、一家の生活は一変してしまう。妻の介護と子育てによる負担にマットが押しつぶされそうになるなか、かつて人生に絶望した時に2人から心を救われた親友デインがやって来る。2年にも及ぶ闘病生活。3人の想いと苦悩が交錯していくなか、彼らが見つけた希望とは──

関連映画
「Our Friend アワー・フレンド」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)