映画批評月間 フランス映画の現在 screen ジャック

公式サイト: http://jc3.jp/mdlc03/

アンスティチュ・フランセ日本が、フランスの批評家、専門家、プログラマーらと協力し、最新のフランス映画を選りすぐって紹介する特集

オンラインチケット購入はこちら
11月20日(土)
13:00〜
15:45〜
11月21日(日)
13:00〜
15:00〜
11月22日(月)
13:00〜
15:15〜
11月23日(火)
13:00〜
15:00〜
11月24日(水)
13:00〜
15:20〜
11月25日(木)
13:00〜
15:00〜
11月26日(金)
13:00〜
14:45〜
11月27日(土)
13:00〜
15:35〜
11月28日(日)
13:00〜
11月29日(月)
17:00〜
19:30〜
11月30日(火)
17:00〜
19:00〜
12月01日(水)
17:00〜
19:40〜
12月02日(木)
17:00〜
19:00〜
12月03日(金)
17:00〜
19:00〜
12月04日(土)
13:00〜
12月05日(日)
13:00〜
12月06日(月)
13:00〜
15:00〜
12月07日(火)
13:00〜
15:00〜
12月08日(水)
13:00〜
15:00〜
12月09日(木)
13:00〜
15:20〜
12月10日(金)
15:00〜
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
サービスデー対象外/リピーター割引(窓口限定/半券提示)で1000円/11/28(日)「ロシュフォールの恋人たち」・12/5(日)「思春期 彼女たちの選択」は高校生以下500円となります
▼11/20(土)13:00回「ルーベ、嘆きの光」上映後、坂本安美さん(アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任)のトークショー

▼11/23(火・祝)15:00回「奥様は妊娠中」上映後、大九明子さん(映画監督)のトークショー

▼11/27(土)13:00回「防寒帽」上映後、加瀬亮さん(俳優)のトークショー

▼12/2(木)19:00回「言葉と行動」上映後、月永理絵さん(映画ライター)のトークショー

▼12/4(土)13:00回『ジャック・リヴェット 夜警』本編前、カイエ・デュ・シネマ創刊70周年記念映像の上映あり(日本語字幕はございません)

★中高生の映画館 × シネ・リセ★

・11/28(日)13:00~
「ロシュフォールの恋人たち」
上映後、解説動画でフランスの「映画の授業」を体験します。鑑賞ノートもプレゼント!

・12/5(日)13:00~
「思春期 彼女たちの選択」
上映後、パリに滞在中の須藤健太郎さん(映画批評家/東京都立大学助教)による、リモート・ミニ・レクチャーを実施します!

※上記の2回は、高校生以下500円。中高生以外でも、通常料金でどなたでも鑑賞・参加いただけます。

アンスティチュ・フランセが、フランスの映画媒体、批評家、専門家、プログラマーと協力し、最新の、あるいは知られざるフランス映画を選りすぐり紹介する特集「映画批評月間」。

Vol.3は、ゴダール、トリュフォーらヌーヴェルヴァーグの映画監督を輩出したことでも有名なフランスの映画雑誌「カイエ・デュ・シネマ」の編集長マルコス・ウザルと共にセレクションが行われました。

<マルコス・ウザル ベスト・セレクション
 2019-2020>
「ルーベ、嘆きの光」
 監督:アルノー・デプレシャン(2019年/120分)
「あの頃エッフェル塔の下で」
 監督:アルノー・デプレシャン(2015年/123分)
「バーニング・ゴースト」
 監督:ステファン・バチュ(2019年/106分)
「涙の塩」
 監督:フィリップ・ガレル(2020年/100分)
「思春期 彼女たちの選択」
 監督:セバスチャン・リフシッツ(2020年/136分/ドキュメンタリー)

<ソフィー・ルトゥルヌール特集>
「思い出の船乗り」 (2003年/35分)
「セックス・アンド・ザ・フェスティヴァル」(2013年/75分)
「奥様は妊娠中」 (2020年/101分)

<エマニュエル・ムレ特集>
「カプリス」 (2015年/100分)
「言葉と行動(ラヴ・アフェアズ)」 (2020年/122分)

<ジャン=フランソワ・ステヴナン特集>
監督作品「防寒帽」 (1978年/110分)
監督作品「男子ダブルス」 (1986年/90分)
出演作品「走り来る男」監督:パトリシア・マズィ(1988年/87分)

<カイエ・デュ・シネマ創刊70周年記念特集>
現代の映画作家シリーズ:ジャック・リヴェット 「現代の映画作家シリーズ:ジャック・リヴェット 夜警」
 監督:クレール・ドゥニ、セルジュ・ダネー(1990年/127分)
「パリはわれらのもの」
 監督:ジャック・リヴェット(1958年/142分)

<特別上映>
「カブールのツバメ」
 監督:ザブー・ブライトマン(2019年/82分)

<特別上映>
「ロシュフォールの恋人たち」
 監督:ジャック・ドゥミ(1966年/123分)
「思春期 彼女たちの選択」
 監督:セバスチャン・リフシッツ(2019年/135分)

各プログラムの詳細は特集PDFにてご確認ください。

 

「映画批評月間 フランス映画の現在」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)