ある海辺の詩人 小さなヴェニスで screen ベティ

イタリア・漁師町キオッジャを舞台に、異国からやってきた二人の心の交流を詩情豊かに描く感動作

【監督】アンドレア・セグレ
【キャスト】チャオ・タオ, ラデ・シェルベッジア, マルコ・パオリーニ, ロベルト・チトラン, ジュゼッペ・バッティストン
2011年/イタリア,フランス/98分/アルシネテラン/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
7月06日(土)〜7月12日(金)
10:05〜11:50
18:25〜20:10
7月13日(土)〜7月19日(金)
11:50〜13:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
前売り券特典:ポストカード
パンフレットをネットショップで販売中

“小さなヴェニス”と呼ばれるキオッジャに佇む小さな酒場オステリア

"小さなヴェニス"と呼ばれるラグーナ(潟)に浮かぶ美しい漁師町― キオッジャ。中世さながらの建物が並び、石橋、石畳、様々な漁船が行き交う運河、漁具を担ぐ男たちの姿など、素朴な雰囲気をもった町である。観光客で溢れる派手なヴェニスとは違い、地元の人々が昔ながらの生活を活き活きと送っており庶民的な空気が漂う。
海辺に佇む小さな酒場"オステリア"には毎晩のように地元の男たちが集まり、酒を交わしながらカードゲームをしたり、仕事の話やくだらない冗談話で盛り上がっている。そこを覗けば、小さな町で生きる人々の様々な生き方が見えてくる。キオッジャに住む人々の憩いの場であり、大切な心の拠りどころであるのと同時に、人々の日常・人生・生き様が詰まっている場所なのだ。
そんなオステリアで出会った常連客のべーピとシュン・リーは、お互い異国の地からやって来たという共通点から、二人にしか分りえない孤独を美しい詩を通して分かち合っていく。次第に二人はかけがえのない存在となり、大切な心の拠りどころになる。しかし、そんな二人の交流は長くは続かなかった―。

世界各国の映画賞を受賞し、"もっとも美しいイタリア映画のひとつ"と称された本作。シュン・リーを演じるのは、中国の巨匠ジャ・ジャンクー監督のミューズとして彼の作品に出演し続け、『長江哀歌』で2006年ヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞した実力派女優チャオ・タオ。べーピ役は『ビフォア・ザ・レイン』で一躍有名俳優になり、以後『M:I-2』『バットマン ビギンズ』など多くの作品で世界的に活躍しているラデ・シェルベッジアが演じる。
監督を務めたのは、多くのドキュメンタリー作品を手掛けてきたアンドレア・セグレ。どのワンシーンを切りとっても全てが美しく、心情を投影しているような詩情豊かな情景は、静かながらも深く大きな感動を与えてくれる。

「ある海辺の詩人 小さなヴェニスで」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)