シャトーブリアンからの手紙 screen ジャック

公式サイト: http://www.moviola.jp/tegami/

1941年、ナチ占領下のフランス。1人のドイツ将校の死に、ヒトラーは150人の人質の死を要求した―

【原題】La mer a l'aube
【監督】フォルカー・シュレンドルフ
【キャスト】レオ=ポール・サルマン,ビクトワール・デュボワ,マルク・バルベ,ウルリッヒ・マテス,ヤコブ・マッチェンンツ
2011年/フランス,ドイツ /91分/ムヴィオラ/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
12月06日(土)〜12月07日(日)
14:05〜15:40
12月08日(月)〜12月12日(金)
10:00〜11:35
14:05〜15:40
12月13日(土)〜12月19日(金)
12:05〜13:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

あなたに見せたかった。微笑みある明日を。

1941年10月20日、ナチ占領下のフランスで1人のドイツ将校が暗殺される。
ヒトラーは即座に、報復として、収容所のフランス人150名の銃殺を命令。過度な報復に危険を感じたパリ司令部のドイツ軍人たちはヒトラーの命令を回避しようとするが、時は刻々と過ぎ、政治犯が多く囚われているシャトーブリアン郡の収容所から人質が選ばれる。その中に、占領批判のビラを映画館で配って逮捕された、まだ17歳の少年ギィ・モケがいた……。

ギィ・モケはその若さゆえ、戦後、ナチ抵抗の悲劇の象徴となり、その名はパリの地下鉄の駅の名前にもなった伝説の少年である。
しかし、21世紀を迎えた今。シュレンドルフ監督は、伝説ではなく、歴史の真実を描きだそうとした。収容所のフランス人たち、困難に直面したドイツ軍人やフランスの行政官、銃殺を命じられたドイツ兵らの重層的なドラマを、感傷の入る余地のない速度で進めていく透徹した演出は見所のひとつだ。

一度回り始めた歯車を誰が止めることができるのか。報復のための人質選びを命じられたフランスの役人も、反ナチスのドイツ将校も、誰の良心もヒトラーの命令を背けなかった。
「あなたは何に従う?命令の奴隷になるな」というメッセージが胸に突きささる。ドイツ人監督によって描かれたフランス、シャトーブリアンの悲劇は、その歴史を記憶することこそが、過去を乗り越え、和解へと向かう道筋だと伝えている。

監督は、ドイツの名匠フォルカー・シュレンドルフ。いわばドイツの過去の罪といえる史実を、シュレンドルフは独仏合作で完成させた。フランスを第2の母国とし、「両国の和解なくしてヨーロッパはない」と明言する名匠の思いを、本作に結実させたのである。

関連映画
「シャトーブリアンからの手紙」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)