イタリアは呼んでいる screen ジャック

英国中年男性ふたりがミニクーパーで巡るイタリア旅行!米国たった3館の公開が拡大&ロングラン大ヒット

【原題】The Trip to Italy
【監督】マイケル・ウィンターボトム
【キャスト】スティーブ・クーガン,ロブ・ブライドン,ロージー・フェルナー,クレア・キーラン,マルタ・バリオ
2014年/イギリス/108分/クレストインターナショナル/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
5月16日(土)〜5月22日(金)
13:40〜15:30
20:50〜22:40 [レイト]
5月23日(土)〜5月29日(金)
15:25〜17:15
5月30日(土)〜6月05日(金)
11:35〜13:30
6月06日(土)〜6月12日(金)
18:15〜20:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ
前売り券特典:MINIオリジナルステッカー
パンフレットをネットショップで販売中

美しい海と太陽5つ星ホテルと絶景レストランをミニクーパーで巡る男二人の珍道中。至福の6日間にグラッツィエ。

愛おしき英国人中年男たちの、最高に楽しいバディ・ムービー!

ショービジネス界で活躍するスティーヴとロブは、イタリアの美食と景勝地を巡る取材旅を依頼される。極上の料理に旅先の恋。英国人中年男二人の旅は、笑いが絶えない旅となる。だが実は、それぞれが人生の曲がり角に立っていることを感じていた。旅の終わり、そんな二人が出会う心のご馳走とは?

2014年夏、ロスとニューヨークのたった3館で始まった公開が、瞬く間に全米204館の公開へと拡大、14週間のロングランを記録。
笑いが笑いを呼び、そして心に響いたその映画こそ、美食の国イタリアを舞台に、英国人中年男二人の旅が見出す人生の輝きを描く『イタリアは呼んでいる』。

主人公のスティーヴとロブは、気の置けない友人同士。どちらもイギリスでは知らぬ者のいないショービズ界の人気者だ。だが現在、スティーヴは、ロスでの俳優業が停滞期。長い間、離れて暮らす息子のことも気がかりで、少々メランコリックな精神状態。一方、コメディアンのロブのキャリアは順風満帆。だがギアチェンジして俳優の道でもビッグチャンスを掴みたい。良き家庭人という、いつもの自分からも解放されたい。

対照的な状況にある二人だが、太陽と青い海が待つイタリアで、視線を気にせず羽を伸ばせて、しかも美食を楽しめるとあれば、どちらにとっても、これはまさに“おいしい仕事”。二人は『ミニミニ大作戦』よろしく、ミニクーパーを駆ってイタリアを巡る。ライバル心も中年男のペーソスも、皆笑いに変えてしまうのが、彼らの真骨頂。ロブの無邪気な快活さに引っ張られ、シニカルだったスティーヴの心も晴れてくる。愉快な毒舌、破天荒な妄想話の競い合いやモノマネ合戦は、美食の旅のスパイスだ。『ダークナイト ライジング』のマイケル・ケインで火蓋を切ったモノマネ合戦。特に憧れの人アル・パチーノに関しては、神がかり的なモノマネを披露するロブ。ロバート・デ・ニーロでは負けないスティーヴ。エンターテイナーのプライドを懸けた真剣勝負、時には辛辣なアレンジも効いて、爆笑必至だ。

美しきイタリア、至福の旅。心に美味しい人生賛歌の誕生!

スティーヴとロブは、葡萄畑の広がるピエモンテ州の老舗トラットリアから、ローマの2つ星レストラン、海を臨むカプリ島のレストランまで、イタリア半島の西側を5泊6日で南下する。宿泊するのは、眼下にアマルフィ海岸などの絶景が広がる、『悪魔をやっつけろ』のロケ地となった5つ星の豪華ホテルをはじめ、歴史あるホテル揃い。加えて、イギリスを追われてイタリアに暮らし、波瀾万丈の人生を送ったロマン派詩人、バイロンとシェリーの足跡を辿る。

変化に富んだ美しい風景。ジビエから新鮮な魚介類まで極上の料理とワインにアバンチュール。だが実は、それぞれに人生の踊り場に佇み惑う“中年症候群”真っただ中の彼らにとって、この旅が意外にも人生に思いを馳せる機会となる。イタリアの至福の時間は、彼らの頭をほぐし、シンプルな心の声に気づかせていく。

旅の最終日、カプリ島の夕映えは、旅の終わりの寂しさに重なって哀愁を帯び、二人とともに至福の時を過ごした私たちの心に迫る。彼らそれぞれの選択を知ったとき、観る者の心は、人生の愛おしさでいっぱいになることだろう。

関連映画
「イタリアは呼んでいる」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)