あの頃エッフェル塔の下で screen ジャック

『そして僕は恋をする』から20年―フランスの名匠アルノー・デプレシャン監督が贈る新たな恋の物語
【終了日:1/29(金)】

【原題】Trois souvenirs de ma jeunesse
【監督】アルノー・デプレシャン
【キャスト】マチュー・アマルリック,カンタン・ドルメール,ルー・ロワ=ルコリネ,アンドレ・デュソリエ,ディナーラ・ドルカーロワ
2015年/フランス/123分/セテラ・インターナショナル /DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
1月09日(土)〜1月15日(金)
12:00〜14:05
18:05〜20:10
1月16日(土)
09:45〜11:50
20:30〜22:35 [レイト]
1月17日(日)〜1月18日(月)
20:30〜22:35 [レイト]
1月19日(火)〜1月22日(金)
09:45〜11:50
20:30〜22:35 [レイト]
1月23日(土)〜1月29日(金)
13:30〜15:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(1/5(火)まで)

有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)

前売り券特典:ボールペン
パンフレットをネットショップで販売中

想い出への時間旅行
これは、愚かだけど憎めない自分に出会う旅
明日また歩きはじめるために、
少し立ち止まる時間をくれる、愛すべき物語_

【『そして僕は恋する』『クリスマス・ストーリー』名匠デプレシャン監督が贈る‟一生に一度の身を焦がすような恋”】

恋愛映画の金字塔『そして僕は恋をする』の名匠アルノー・デプレシャン監督が20年の時を経て、人生も半ばを過ぎた主人公が、恋に生きた青春の日々を追憶する―今だからこそ描ける恋に真正面から向き合った。愛しているのに遠く離れて暮らすしかなかった、不器用なまでに真っ直ぐな恋人たち。輝く青春の日々を見守るうちに、胸が熱くなる本当の恋を誰もが想い出さずにはいられない。本年度第68回カンヌ国際映画祭の監督週間では、緻密な演出力と温かな眼差しとユーモアが大絶賛され、SACD賞を受賞。デプレシャンの集大成にして新たなる傑作が誕生した。

【恋人たちが似合うフランスの風景に、名優アマルリックの味わい深い演技と新たなる才能が奏でる鮮烈なハーモニー】

『そして僕は恋をする』の主人公〝ポール″を演じた名優マチュー・アマルリックが、本作でも引き続き同名の主人公を演じる。若き日の恋人たちにはカンタン・ドルメールとルー・ロワ=ルコリネが、ヌーヴェル・ヴァーグの作品群から飛び出したような鮮烈さと、現代的な感性が溶け合った新たな魅力を放つ。そして、エッフェル塔の見えるアパルトマン、カルチェ・ラタン、美術館、カフェなど、恋人たちが似合うフランスの風景、80年代のフレンチファッション、音楽、さり気なく登場する本や詩を発見する楽しみに満ちている。

【その手紙は、あなたの心に届いていたのだろうか_】

外交官で人類学者のポールは、長かった外国暮らしを終えて、フランスへ帰国する。ところが空港で、彼と同じパスポートを持つ“もう一人のポール”がいるという奇妙なトラブルに巻き込まれる。偽のパスポートが忘れかけていた過去の記憶を呼び覚まし、ポールは人生を振り返りはじめる。幼い頃に亡くなった母、父との決裂、弟妹との絆。ソ連へのスリリングな旅、そしてエステルとの初恋。憧れのパリの大学に通うポールと故郷に残ったエステルは、毎日手紙を書き綴った。変わらぬエステルへの想いに気づいたポールは、数十年ぶりに彼女からの手紙を読み返し、ある真実に想い至るが──。

関連映画
「あの頃エッフェル塔の下で」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)