ディーン、君がいた瞬間(とき) screen ベティ

公式サイト: http://dean.gaga.ne.jp

俳優ジェームズ・ディーンと写真家デニス・ストックの友情を描く伝記映画
【終了日:3/25(金)】

【原題】Life
【監督】アントン・コービン
【キャスト】デイン・デハーン,ロバート・パティンソン,ジョエル・エドガートン,ベン・キングズレー,アレッサンドラ・マストロナルディ
2015年/カナダ,ドイツ,オーストラリア /112分/ギャガ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
3月12日(土)〜3月18日(金)
21:05〜22:55 [レイト]
3月19日(土)〜3月25日(金)
12:00〜13:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

彼の〈今〉を永遠に-それが僕の使命だった。

【華々しい成功と突然の死の直前、いったい彼に何があったのか-?今明かされる、ジェームズ・ディーンと写真家との2週間の旅。
カリスマスター×天才写真家。その出会いが時代を変えた-。】

1955年、アメリカ。マグナム・フォトに所属する、野心溢れる若手写真家デニス・ストックはもっと世界を驚嘆させる写真を撮らなければと焦っていた。無名の新人俳優ジェームズ・ディーンとパーティで出会ったストックは、彼がスターになることを確信し、LIFE誌に掲載するための密着撮影を持ち掛ける。ディーンを追いかけ、LA、NY、そして彼の故郷のインディアナまで旅するストック。初めは心が通じ合わなかった二人だが、次第に互いの才能に刺激されていく。そして彼らの運命だけでなく時代まで変える写真が、思わぬ形で誕生するのだが──。

【デイン・デハーン×ロバート・パティンソン、若き実力派の共演!24歳でこの世を去ったジェームズ・ディーンの死の直前の知られざる物語。】

20世紀最大のスター、傷ついた青春のアイコン、反逆のヒーロー──数々の称号に輝くジェームズ・ディーン。没後60年を迎えてなお伝説であり続ける理由は、アクターズ・スタジオを史上最年少で入門、ハリウッドの歴史を変えた“真の演技”にあった。1955年に『エデンの東』が封切られて以来、わずか3本の主演作での迫真の演技に、今も世界中の人々が魂をわし掴みにされているのだ。
ジェームズ・ディーンを演じるという危険な賭けに勝利したのは、『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン。ストックには『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン。監督は、自身もU2、ビョークなど世界のアーティストから愛される写真家のアントン・コービン。製作は英国王ジョージ6世の秘めたるエピソードを取り上げアカデミー賞受賞となった『英国王のスピーチ』のスタッフが再びチームを組んだ。音楽は『her/世界にひとつの彼女』でアカデミー賞作曲賞ノミネートとなったオーウェン・パレットが担当、50年代のジャズサウンドで時代の息吹を蘇らせた。
成功と死に捕らえられる直前に、ディーンが見たものとは? 今を精いっぱい生きた、最も美しい頃のジェームズ・ディーンがここにいる。

関連映画
「ディーン、君がいた瞬間(とき)」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)