世紀の光 screen ジャック

微笑みと驚きをー。アピチャッポン・ウィーラセタクン幻の傑作を日本公開!
【終了日:5/13(金)】

【原題】Sang sattawat
【監督】アピチャッポン・ウィーラセタクン
【キャスト】ナンタラット・サワッディクン,ジャールチャイ・イアムアラーム,ソーポン・プーカノック,ジェンジラー・ポンパット,サックダー・ケァウブアディー
2006年/タイ,フランス,オーストリア/105分/ムヴィオラ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
4月30日(土)〜5月06日(金)
15:25〜17:15
5月07日(土)〜5月13日(金)
11:20〜13:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

『ブンミおじさんの森』でカンヌ映画祭パルムドール(最高賞)を受賞したアピチャッポン・ウィーラセタクン。その幻の傑作を劇場初公開です。

【映画作家で美術作家。2016年は映画も展覧会もアピチャッポン・イヤー!】

初長編『真昼の不思議な物体』(00)で山形国際ドキュメンタリー映画祭優秀賞に輝いたのを皮切りに、『ブリスフリー・ユアーズ』(02)がカンヌ国際映画祭ある視点賞、『トロピカル・マラディ』(04)は同審査員賞、『ブンミおじさんの森』(10)で、ついにパルムドールに輝き、トップクラスの映画作家として注目を集めてきたアピチャッポン・ウィーラセタクン。同時に、ヒューゴ・ボス賞にノミネートされるなど美術作家としても高い評価を受けてきた。2016年は、本作『世紀の光』劇場初公開に始まり、3月には新作『光りの墓』公開、アートの分野でも4/15〜4/17には福岡で参加型映像制作ワークショップ「T.A.P(天神アピチャッポンプロジェクト)」、7/23〜9/25青森県立美術館「青森EARTH2016(仮称)」展に参加(予定)、9/24〜12/11「さいたまトリエンナーレ2016」に参加、10/1〜12/14横浜美術館「BODY/PLAY/POLITICS」展に出品、さらに冬には東京都写真美術館にて個展も予定され、まさにアピチャッポン・イヤーです。

【なんともユニーク。前半・後半でエピソードが反復され、夢を見ているよう!】

『世紀の光』は2006年の未公開作で、なんともユニークな構成が魅惑的。前半は地方の緑豊かな病院、後半は近代的な白い病院が舞台。登場人物の多くも重なり、医師の恋の芽生えなどのエピソードは2つのパートで反復され、えっ、これは夢?と奇妙な感覚に誘われます。自然の光と人口の光。過去の記憶と未来への慄き。変わりゆく人間と変わらない人間。そして、ラストを飾るのは日本のバンド「NEIL&IRAIZA」のポップソング!心地よくて懐かしく、でも見たことのない映画。タイの天才が贈る“微笑み”と“驚き”の傑作、それが『世紀の光』です。

関連映画
「世紀の光」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)