誰のせいでもない 【2D版】 screen ジャック

すべては雪の日に始まった。巨匠ヴィム・ヴェンダースが描く、揺れ動く感情のランドスケープ。※当館は2D版の上映となります。
【終了日:1/13(金)】

【原題】Every Thing Will Be Fine
【監督】ビム・ベンダース
【キャスト】ジェームズ・フランコ,シャルロット・ゲンズブール,マリ=ジョゼ・クローズ,ロバート・ネイラー,パトリック・ボーショー
2015年/ドイツ,カナダ,フランス,スウェーデン,ノルウェー /118分/トランスフォーマー /DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
12月31日(土)
13:20〜15:20
1月02日(月)〜1月06日(金)
13:20〜15:20
1月07日(土)
21:15〜23:15 [レイト]
1月08日(日)〜1月13日(金)
21:00〜23:00 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(12/27(金)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:ポストカードセット
パンフレットをネットショップで販売中

一つの事故。一人の男。三人の女。

【誰のせいでもない。
優しく聞こえるその言葉が、もっとも苦しくて、そして切ない。】

真っ白な雪に包まれたカナダ、モントリオール郊外。田舎道を走る一台の車。突然、丘からソリが滑り落ちて来る。車はブレーキをきしませて止まる。悲劇は避けられたかに思えたが… … 。誰のせいでもない一つの事故が、一人の男と三人の女の人生を変えてしまう。車を運転していた作家のトマス、その恋人サラ、編集者のアン、そしてソリに乗っていた少年の母ケイト。誰のせいでもない。優しく聞こえるその言葉の奥で、彼らの感情は揺れ動く。誰も責められない。誰も憎めない。苦しくて、切ない感情を抱きながら。これは、彼らの12年にわたる物語である。

【巨匠ヴィム・ヴェンダースが映し出すサスペンスフルな感情のランドスケープ。】

監督は、『パリ、テキサス』、『ベルリン・天使の詩』などの名作や『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』、『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』などの大ヒットドキュメンタリーで知られる巨匠ヴィム・ヴェンダース。自らが発見したノルウェーの作家、ビョルン・オラフ・ヨハンセンのオリジナル脚本を得て、罪悪感と赦しというテーマを、時に繊細に、時に大胆に、心の奥をカメラで覗き込むようにして、人間の感情こそがいかにサスペンスフルかを描き出している。揺れ動く感情のランドスケープというべき映像は、まさにヴェンダースが挑戦した新しい映像世界だ。

【J・フランコ、C・ゲンズブール、R・マクアダムスら豪華実力派キャスト。】

出演は、映画監督・作家としても活動するジェームズ・フランコ、自然体な中にミステリアスな魅力をかもしだすシャルロット・ゲンズブール、今もっとも注目される女優でナチュラルな輝きを放つレイチェル・マクアダムス、落ち着いた知性の内に秘めた葛藤を表現するマリ=ジョゼ・クローズと豪華な実力派が揃った。また編集者ジョージにはシェークスピア劇からハリウッド大作まで幅広く活躍するピーター・ストーメア、トマスの父にヴェンダース監督の1981年作『ことの次第』に主演したパトリック・ボーショー、ドラマの鍵になる少年クリストファーを子役時代から活躍し、カナダ・アカデミー賞主演男優賞にもノミネート経験がある若手ロバート・ネイラーが演じている。

【心の深い奥を語る3Dというヴェンダースのチャレンジ。】

今作は3D映画として撮影され、日本での上映には2Dと3Dがある。『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』で驚くべき3D映像を生み出したヴェンダースが、その撮影時のもっとも大きな発見だったと語るポートレート撮影の経験をさらに発展させ、新たな3Dに挑戦している。「『誰のせいでもない』では多くのことがキャラクターの内部で起こり、まさにこの心の深い奥こそ3Dで語るに相応しい」とヴェンダースは語っている。撮影は、ギャスパー・ノエ監督作や『スプリング・ブレイカーズ』といったエッジの効いた映像に定評あるブノワ・デビエ、音楽は現代最高峰の映画音楽作曲家のひとりであるアレクサンドル・デスプラが担当した。

【STORY】

冬の夕暮れ。田舎道を走る一台の車。雪が降り、視界は悪い。突然、丘からソリが滑り落ちてくる。車はブレーキをきしませて止まる。静寂。そこには車の前で虚ろに座り込んでいる幼い少年がいた。幸い怪我もないようだ。ほっとしたトマスは彼を家まで送る。しかし、母ケイトは息子の姿を見て半狂乱になる・・・。
運転していたのは、作家のトマス。この悲劇的な事故は、彼の過失によるものではない。弟のあと少しの注意を払うべきだった小さなクリストファーの責任でも、そしてまた、もっと早く家に帰るように息子たちに言えたはずのケイトの責任でもない。
事故はトマスの心に大きな傷を残し、そのせいで恋人サラとの関係は壊れてしまう。トマスにできることは、ただ書き続けることだけ。
しかし、他人の悲しみをも含んだ自らの経験を書く権利が、彼にあるのだろうか?ようやく書き上げた小説は、トマスに新しい扉を開かせることになった。

月日が流れ、やがてトマスは作家として成功を収め、編集者のアンとその娘ミナと新しい生活を始めようとしていた。一方、ケイトやサラもまた、それぞれの人生をゆっくりと歩み始め、すべてはうまく行き始めたように見えていた。そんな中、11年前に5歳だったクリストファーから、トマスのもとへ一通の手紙が届く・・・。

関連映画
「誰のせいでもない 【2D版】」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)