0円キッチン screen ジャック

「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」廃油で走るキッチンカーでヨーロッパ5カ国の旅へ出発!
【終了日:6/2(金)※1週限定上映】

【原題】Wastecooking: Kochen statt Verschwenden
【監督】ダービド・グロス,ゲオルク・ミッシュ
2015年/オーストリア/81分/ユナイテッドピープル/ブルーレイ上映

5月27日(土)〜6月02日(金)
16:15〜17:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

「食糧危機」を吹き飛ばすエンタメ・ロードムービー
世界で生産される食料3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「すてられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」食材救出人のダーヴィドがヨーロッパ5カ国を巡るおいしい“食”の旅路。

【食材廃棄をなくす“0円キッチン”の旅】

“世界の食料の3分の1が捨てられている”
この現状を変えるため、ダーヴィドは欧州5カ国を5週間、廃棄食材しか食べずに旅します。

食材費は全部0円!ダーヴィドのアクション!

・食堂から車の燃料となる廃油を調達(オーストリア)
・一般家庭の冷蔵庫を抜き打ちチェック
捨てる予定の食材や賞味期限切れの食材を救出クッキング(ドイツ)
・アプリを使って町に自生する果物を調達(ベルリン郊外)
・海に捨てられる混獲魚でスープを調理(フランス)
・欧州議会食堂でゲリラクッキング(ベルギー)
・未来のオトナたちと昆虫食を食べ比べ(オランダ)

【職業は“食材救出人”】
ジャーナリストから“食料活動家”となった主人公で監督のダーヴィドは、毎日大量に売れ残り、捨てられてしまうスーパーの食材を。ゴミ箱ダイブで“救出”!「まだ食べられる。本当にもったいないよ!」

【廃棄食材料理パーティー】
ベルリンでは規格外野菜や捨てられてしまった野菜を使って”チッピング・パーティー”へ。何百キロもの野菜を刻んで料理と音楽を楽しむイベントだ。「料理すれば、規格外の野菜もおいしいと分かる。」

【廃材キッチンは欧州議会へ】
EUは食料廃棄の削減を訴えている。ダーヴィドはベルギーのトップシェフと欧州議会の食堂に行き、ゲリラ的に廃棄食材を使って料理を振る舞った。「改革を期待していい?それとも言葉だけ?」

関連映画
「0円キッチン」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)