僕とカミンスキーの旅 screen ベティ

公式サイト: http://meandkaminski.com

「グッバイ、レーニン!」ボルフガング・ベッカー監督とダニエル・ブリュールが12年ぶりに再タッグを組んだロードムービー!
【終了日:6/16(金)】

【原題】Ich und Kaminski
【監督】ボルフガング・ベッカー
【キャスト】ダニエル・ブリュール,イェスパー・クリステンセン,ドニ・ラバン,ジェラルディン・チャップリン,アミラ・カサール
2015年/ベルギー,ドイツ/123分/ロングライド/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
6月03日(土)〜6月09日(金)
13:10〜15:15
6月10日(土)〜6月16日(金)
19:00〜21:05 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
<R15+>指定作品
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(5/30(火)まで)
前売り券特典:オリジナルステッカー
パンフレットをネットショップで販売中

ピカソ、ダリ、ウォーホル!かつて美術界か熱狂した!盲目の天才画家と青年の奇想天外なロードムービー

『グッバイ、レーニン!』で世界中を笑いと涙の渦に巻き込んだヴォルフガング・ベッカー監督と、この作品で一躍脚光を浴び、今や国際派スターへと成長したダニエル・ブリュール。二人が12年ぶりにタッグを組んだ『僕とカミンスキーの旅』。ヨーロッパを舞台に世代も境遇もまったく異なる青年と老人が織りなす奇想天外なロードムービーが誕生した!

【忘れられない恋人に会いに行く。盲目の天才画家カミンスキーと青年の奇想天外な旅の行方は_】

金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立った無名の美術評論家ゼバスティアン(ダニエル・ブリュール)はスイスの山奥で隠遁生活を送る画家カミンスキー(イェスパー・クリステンセン)を訪ねる。彼はマティスの最後の弟子でピカソの友人、ポップアート隆盛の1960年代NYで“盲目の画家”として脚光を浴びた伝説的な人物だ。ゼバスティアンは新事実を暴く為、年老いたカミンスキーを言葉巧みに自宅から誘い出し、若き日に愛した女性のもとへ連れて行こうとする。しかしトラブル続きの旅はいつしか奇妙な方角へねじれ、思いがけない終着点に向かっていくのだった・・・・・・。

【虚実入り混じる大人のおとぎ話】

高慢な美術評論家の青年と“盲目の画家”という話題性で祭り上げられた老画家の人物像には、アート界への皮肉と風刺もたっぷり。ピカソ、ザ・ビートルズ、アンディ・ウォーホルなど著名人のポートレートや、ふんだんに登場する美しい絵画の数々。変幻自在に虚実が入り混じった“フェイク感”あふれる映像世界は、大人のためのおとぎ話としても楽しめるに違いない。

関連映画
「僕とカミンスキーの旅」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)