皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ screen ベティ

永井豪原作「鋼鉄ジーグ」にインスパイアされ誕生した イタリア発、ダークヒーロー×フィルム・ノワールの傑作!
【終了日:6/9(金)】

【原題】Lo chiamavano Jeeg Robot
【監督】ガブリエーレ・マイネッティ
【キャスト】クラウディオ・サンタマリア,ルカ・マリネッリ,イレニア・パストレッリ,ステファノ・アンブロジ,マウリツィオ・テゼイ
2015年/イタリア/119分/ザジフィルムズ/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
5月20日(土)〜5月26日(金)
16:45〜18:50
5月27日(土)〜6月02日(金)
15:05〜17:05
21:15〜23:15 [レイト]
6月03日(土)〜6月09日(金)
19:00〜21:00 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(4/16(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:オリジナルデザイン メインキャラ3人ポストカード3枚セット または オリジナルクリアファイル
・イタリア生まれのエナジードリンク”GO&FUN”を初日来場者のお客様にプレゼント!
 ナチュラル成分グルテンフリーで「カラダ喜ぶエネルギー。」君もこれでビルドアップだ!
 (数量限定・先着順・有料のお客様のみ)
  提供:GO&FUN JAPAN

パンフレットをネットショップで販売中

2016年イタリア・アカデミー賞 最多16部門ノミネート!
最多7部門受賞!イタリア本国で大ヒット!イタリア映画祭で話題沸騰!噂の快作が2017年春、遂に日本上陸!

【噂の映画『皆はこう呼んだ、銅鉄ジーグ』待望の日本公開決定!】

ゴールデンウィークに開催された“イタリア映画祭2016”で上映され、2度の上映が満席となり、エンディングでは拍手喝采。SNS等で大きな話題を呼んだ噂の映画『皆はこう呼んだ、銅鉄ジーグ』が、遂に劇場公開される運びとなりました。

その特異な題名は、75年に日本で放送開始、79年にイタリアで放送された永井豪原作によるアニメから。本作は、「銅鉄ジーグ」を重要なモチーフにした、イタリア生まれのダークヒーロー・エンターテインメントなのです。
昨秋のローマ映画祭プレミアで熱狂と共に迎え入れられ、今春本国で公開され大ヒット。イタリア・アカデミー賞とも言われるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では最多16部門ノミネートの末、最多7部門を受賞。名実共に、2016年のイタリア映画を代表する一本です。

舞台は、テロの脅威に晒されるローマ郊外。裏街道を歩く孤独なチンピラ、エンツォは、ふとしたきっかけで超人的なパワーを得てしまう。始めは私利私欲のためにその力を使っていたエンツォだったが、世話になっていた“オヤジ”を取引の最中に殺され、遺された娘アレッシアの面倒を見る羽目になったことから、彼女を守るため正義に目覚めていくことになる。アレッシアはアニメ「銅鉄ジーグ」のDVDを片時も離さない熱狂的なファン。怪力を得たエンツォを「銅鉄ジーグ」の主人公、司馬宙(シバヒロシ)と同一視して慕う。そんな二人の前に、悪の組織のリーダー、ジンガロがたちふさがる・・・。

関連映画
「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)