海辺の生と死 screen ジャック

昭和20年夏、二人は小さな南の島で出会った―。戦後文学史に残る夫婦愛の実話を完全映画化!8/26(土)より追加上映決定!
【終了日:9/1(金)】

【監督】越川道夫
【キャスト】満島ひかり,永山絢斗,井之脇海,秦瀬生良,蘇喜世司
2017年/日本/155分/フルモテルモ,スローラーナー /DCP

混み合います。満席にはなりませんが、
ご入場が後になると、お席が選びづらくなります。
7月29日(土)〜8月04日(金)
11:25〜14:05
18:25〜21:00
8月05日(土)〜8月11日(金)
13:45〜16:25
8月12日(土)〜8月18日(金)
20:35〜23:10 [レイト]
8月26日(土)〜9月01日(金)
10:55〜13:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・7/30(日)11:25回上映後、
 越川道夫監督の舞台挨拶あり

パンフレットをネットショップで販売中

あなたが散るとき わたしも逝きます

共に添うて、生きたいと思っていた_
運命がそれを許さないなら見届けてから散ろうと決意した
昭和二十年八月、旧暦 文月のことであった

男は特攻隊隊長の朔中尉、女は島の有力者と愛娘トエ。二人は出逢い、奄美大島の雄大な自然の中で愛を育む。
しかし、その愛はお互いの死を前提とするものだった。太平洋戦争末期、死に向かって燃える運命的な愛の契り。二人のモデルは、後に“私小説の極北”と言われる傑作「死の棘」を世に送った島尾敏雄と、その妻で小説家の島尾ミホ。二人が出会った実話が基となっている。
主演に『夏の終り』以来4年ぶりの単独主演作となる満島ひかりを迎え、本作が『アレノ』に続き監督2作目となる越川道夫がメガホンを執る。
脚本監修に話題作『狂うひと_「死の棘」の妻・島尾ミホ』を、昨年秋に発表した梯久美子。
ミホ自身が書いた同名小説や島尾が著した「島の果て」などを原作に映画化した本作『海辺の生と死』は、美しくも激しい愛の物語である。

関連映画
「海辺の生と死」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)