氷の花火 山口小夜子 screen ジャック

公式サイト: http://yamaguchisayoko.com/

没後10年追悼上映。“東洋の神秘”と称賛された伝説のモデル しかし、その人生は多くの謎に包まれていた
【終了日:5/26(金)※1週限定上映】

【監督】松本貴子
【キャスト】山口小夜子,天児牛大,天野幾雄,生西康典,入江末男
2015年/日本/97分/コンパス/DCP

混み合います。満席にはなりませんが、
ご入場が後になると、お席が選びづらくなります。
5月20日(土)〜5月26日(金)
16:00〜17:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・5/20(土)上映後、松本貴子監督の初日舞台挨拶

・豪華来場者特典が決定!
5/21(日)オリジナルポストカード(山口小夜子デザイン画/非売品) …先着20名様
5/26(金)オリジナルトートバッグ(山口小夜子デザイン画/非売品)…先着20名様
※有料入場者のみ

パンフレットをネットショップで販売中

1970年代初頭、ハーフモデル全盛のファッション業界で“日本人であること”を武器に、たった一人で世界に闘いを挑んだ女性がいた。黒髪に切れ長の瞳、神秘的で妖艶な容姿の中に宿る、挑戦的かつ情熱的な魂。山口小夜子。

山本寛斎、髙田賢三、イブ・サンローラン、ジャンポール・ゴルチェら一流のファッションデザイナーに愛され、セルジュ・ルタンス、横須賀功光などトップクリエイターのミューズとなってイマジネーションを与え、常に時代の先端を走り続けました。ミック・ジャガー、スティーリー・ダン、世界のスターと渡り合った日本女性。しかし、その正体はミステリアス。この映画は、生前、山口小夜子と交友のあった松本貴子監督が、彼女と親交のあった人々の証言を集め、残された貴重な映像に触れながら「山口小夜子」を探す旅に出る。

山口小夜子 没後8年、彼女が愛した膨大な数の服やアクセサリー等の遺品を開封した。モデルとして“着る”だけではない衣で異を“創る”山口小夜子の止まった時間が動き出し、今まで触れることのできなかった彼女に少しだけ近づく。どうして山口小夜子は、モデルの道に進むことになったのか。トップモデルとしての階段を駆け上がっていく中での苦悩とは。映画、演劇、ダンスパフォーマンス、衣装デザインといった多彩なジャンルに進出し、常に時代の最先端に居続ける努力を惜しみなく続け、表現者として妥協を許さなかった彼女は、どこを目指していたのか。
今初めて、彼女のまだ見ぬ扉をそっと開ける・・・。

関連映画
「氷の花火 山口小夜子」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)