わすれな草 screen ジャック

認知症介護を通して、夫婦と家族の絆を強めていく姿を映し、ドイツで異例のヒットを記録したドキュメンタリー
【終了日:8/4(金)】

【原題】Vergiss mein nicht
【監督】ダービット・ジーベキング
2013年/ドイツ /88分/gnome /ブルーレイ上映

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
7月22日(土)〜7月28日(金)
09:15〜10:45
7月29日(土)〜8月04日(金)
19:30〜21:00 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(7/18(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:特製メッセージカード(3色)セット付き
「わすれな草」
7/22(土)23(日)ご来場のお客様に先着で
マウンテンハーブティー(3パック)をプレゼント
(限定数/提供:日本緑茶センター)
 


パンフレットをネットショップで販売中

今日は他人、時どき知人、
でも愛があれば 大丈夫

【消えゆく母の記憶にある波乱の過去を辿りながら僕はこの作品を撮りあげた
父は観終わった後に言った「人生は素晴らしいな」
できあがった作品は、家族から母への愛に溢れるプレゼントとなった
世界中が笑って泣いた大ヒットドキュメンタリー!ドイツ式“最期の時間”の寄り添い方】

ドキュメンタリー作家ダーヴィット・ジーヴェキングは、フランクフルト近郊の実家へ帰ってきた。認知症になった母グレーテルの世話を手伝うためだ。父マルテは、長年妻を介護してきたが、さすがに疲れてしまったらしい。ダーヴィットは母の世話をしながら、昔からの親友であるカメラマンと共に、母と過ごす最期の時間を映像に記録する。理性的だった母は、病によって、すべての抑制から解放され心の赴くまま自由に過ごしているように見える。自分が若返った気になった母は、息子のダーヴィットを夫だと思い込み、父が思わず嫉妬することも。かつてはドライで個人主義的に見えた父と母の夫婦関係も、いつしか愛情をありのままに表す関係へと変わっていく。記憶を失っていく母の病は、夫婦、家族にとって、新たな“はじまり”となり・・・。

監督自身の体験を軸に綴られる愛とユーモアに満ちた「最期の時間の寄り添い方」。ドイツで異例の大ヒットを記録し、世界中を優しい笑顔とあたたかい涙で包んだ、夫婦そして家族の愛を映し出すドキュメンタリーがついに日本公開!

関連映画
「わすれな草」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)