ソウル・ステーション パンデミック screen ジャック

本作品の公開予定:2/10(土)〜

公式サイト: https://pandemic-movie.com

「新感染ファイナルエクスプレス」のヨン・サンホ監督、最高傑作長編アニメ!!

【原題】Seoul Station
【監督】ヨン・サンホ
【キャスト】シム・ウンギョンヘスン,イ・ジュンキウン,リュ・スンリョン
2016年/韓国/92分/ブロードウェイ/DCP

現代社会を生きる私たちの胸をえぐる、恐るべき問題作の登場!

【世界を席巻した怒濤のサバイバル・アクション『新感染ファイナルエクスプレス』には恐るべき前日譚があった! 】

2016年の韓国映画界は1本のゾンビ映画の話題で持ちきりだった。ソウル発プサン行きの韓国高速鉄道KTXの列車内で発生した感染パニックの凄まじい恐怖を、怒濤のサバイバル・アクションとして実写化したその映画は、昨年夏に同国で封切られるや大反響を呼び起こし、1100万人以上の観客動員を達成する歴史的な大ヒットを記録。カンヌ国際映画祭をはじめとする世界18の映画祭で上映されて好評を博し、日本では『新感染ファイナルエクスプレス』というタイトルでの公開が決定。ハリウッドでリメイクされるとのニュースも飛び交っている。
まるで突然変異のように韓国に出現した本格的なゾンビ・ホラーに誰もが驚いたが、実はそれには重要な“伏線”があった。『新感染ファイナルエクスプレス』で鮮烈な実写長編デビューを飾ったヨン・サンホ監督は、もともと知る人ぞ知る気鋭の社会派アニメーション作家。校内暴力を題材にした『豚の王』(11)、新興宗教を扱った『フェイク』(13)で国内外の高い評価を得てきた。そのヨン監督が長編アニメ第3作として完成させたのが、『新感染~』の前日譚にあたる『ソウル・ステーション/パンデミック』である。
すべての事の始まりは、とある夏の夜、ひとりの年老いたホームレスが首に大ケガを負い、誰にも助けてもらえずソウル駅で息絶えたことだった。すると、そのホームレスは地獄の淵から甦ったかのように凶暴化して復活。それをきっかけに未知のウイルスに感染して豹変した人々が、街のあちこちで正常な市民に猛スピードで襲いかかり、無差別に噛みつく事件が続発する。その異常な状況に巻き込まれた元風俗嬢のヘスンは、感染者の数が急激に膨れ上がる深夜のソウルの街をあてどなく逃げまどうはめに。その頃、ヘスンの恋人と父親は必死に彼女を捜し回っていたが、警察はまったく事態を把握できず、遅ればせながら出動した軍隊は一般市民を暴徒と見なして発砲。やがて、ただ「家に帰りたい」と願うヘスンの身に、さらなる非情な運命が降りかかるのだった……。

【社会の底辺であえぐ庶民の“魂の叫び”を刻み込んだ巧妙かつスリリングなドラマ、そして衝撃のエンディング! 】

ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭シルバークロウ賞、アジア・パシフィック・スクリーン・アワード最優秀長編アニメ賞に輝いたほか、数多くの映画祭で絶賛を博した『ソウル・ステーション/パンデミック』は、ソウル駅周辺で勃発した感染パニックの始まりを描き、『新感染ファイナルエクスプレス』の冒頭へと連なる物語である。いわゆる“プレクエル”として『新感染~』に圧倒された映画ファンの興味をかき立てるとともに、本作は単独の長編アニメとしても並々ならぬ完成度の高さを誇っている。このジャンルの巨匠ジョージ・A・ロメロの一連の作品が鋭い文明批評をはらんでいたように、借金を抱えた元風俗嬢、勤労意欲をなくしたヒモ男、さらには路上生活者を主要キャラクターに設定し、彼らを取り巻く残酷な現実をスリリングかつ容赦なく描いていく。
格差社会における階級間の断絶、いざ肝心なときに市民を救ってくれない国家権力の機能不全、極限状況下に露わになる人間のエゴの醜さ……。これらの痛烈なエピソードを盛り込みながら、社会の底辺であえぐ主人公たちの孤独と絶望をあぶり出す、ヨン・サンホ監督の巧妙にしてリアルなストーリーテリングに引き込まれずにいられない。そして高級マンションのモデルルームを舞台にした皮肉たっぷりのクライマックスでは、誰もが言葉を失うであろう予測不可能なひねりが炸裂!庶民の心のよりどころである“家”に寓意をこめて、ヒロインのあまりにも切ない魂の叫びを伝える衝撃的なエンディングは、しばし忘れられないほどの深い余韻を残す。まさしくゾンビ映画というジャンルの可能性を押し広げ、現代社会を生きる私たちの胸をえぐる、恐るべき問題作の登場である。

「ソウル・ステーション パンデミック」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)