永遠に僕のもの screen ジャック

1971年、天使の顔をした殺人犯に世界は発情した。アルゼンチン映画NO.1を記録した妖しく美しいクライム青春ムービー。
【終了日:2019年10/11(金)】

【監督】ルイス・オルテガ
【キャスト】ロレンソ・フェロ,チノ・ダリン,メルセデス・モラーン,ダニエル・ファネゴ
2018年/アルゼンチン,スペイン/115分/ギャガ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
9月28日(土)〜10月04日(金)
21:15〜23:10 [レイト]
10月05日(土)〜10月11日(金)
14:05〜16:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
<R15+>指定作品
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

墜ちる

ブロンドの巻き毛に、吸い込まれるような大きな瞳、艶やかに濡れた柔らかな唇、磁器のように滑らかな白い肌。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎるヴィジュアルに、悪魔も逃げ出す傲慢な魂をたたえた、17歳の少年、カルリートス。彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。息をするようにナチュラルに、ダンスを踊るようにエレガントに。やがて転校先で出会った、荒々しい魅力を放つラモンと強く惹かれ合ったカルリートスは、二人でチームを組み、新しい遊びに熱狂するように犯罪に手を染めていく。だが、楽しくも狂った日々は、思わぬ形で終わり遂げようとしていた──。

関連映画
「永遠に僕のもの」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)